fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

ニュートン霊示集 -私の見た世界- 2  

ニュートン霊示集128-189


----------


霊的世界の三つの特徴

さて、科学者の目で私は死後の世界について語ってみたいと申し上げました。

科学者として、申し上げる以上、私の分析はある程度、
だれが見てもそう思えるというものでなければならないと思います。

この私の見た死後の世界で、どうしても言っておかねばならないことが三つあります。

第一は、この死後の世界と言われるもの、霊界と言われるものは一様でないということです。
それはそれは、ひじょうに多様な世界がそこに広がっているということなのです。

地上でも平面的にいろいろな国家が広がっているように、霊的世界においては、
もっと空間的な、もっと時間を加えた意味において多様な世界が広がっています。

第二にぜひとも言っておかねばならないことは、こうした世界のあり方を決めているものは、
そこに住んでいる住人たちの心の総合集積の念である、ということです。

そこに住んでいる人たちの心に描かれた世界が出現しているということで、

そこに住んでいる人たちに似つかわしい世界であるのだ、ということなのです。

そこに住んでいる人たちに似つかわしい世界がここにある、現われている、そう思えるのです。

第三に言えることは、この霊的世界の違いを説明するものとして、神の光の度合いの違いがあるということです。
光の度合いが明らかに違っているのです。この光の度合いは、一概には説明がつかないものです。

地上のみなさんは、蛍光灯の光、月の光、太陽の光、こうした光を感じておられるでしょうが、
この霊的世界の光とは、少し感じの違った光であるのです。

それは、明るさや暖かさをともなうのは当然のことですが、これ以外のものが光のなかに入っているということです。

これ以外のものとは何か、それはまさしくこの霊的光、神の光によって養われているという感じが異常に強いのです。

人間は、地上生活をしているときに、光によって養われているという気持ちを持つことは稀でありましょう。

ところが、こちらの世界に来てみると、この光というものが
一つのエネルギー源であるということを、明確に感じ取るようになります。

自分がどれだけ神に愛されているかということは、この光の強さでわかるようになります。

強い光が当たる世界において、強い光の流れのなかで生きているということは、
幸福感を限りなくもたらすものなのです。

この強い光、これは結局こういう意味合いを持っているとも言えましょう。

光について、養われているという感じが地上にあっても、植物たちはそれを感じています。
緑色植物たちは、太陽の光を浴びなければ、生きていくことができません。

太陽の光を浴びて、そうして炭酸同化することによって、栄養分をつくりそして成長していくでしょう。
このときに、植物たちは光の恵みというものをずいぶん感じています。

彼らにとっての光とは、明るさとか、あるいは暖かさだけを意味するのではなくて、生活の糧そのものなのです。

彼ら自身が、光によって養われているのです。

動物や人間は、こうしたことを感じることなく、地上を去ることが多いのですが、
地上を去って、こちらの世界に来てみると、この植物の気持ちにも似たものを明確に感じるようになります。

光なくしては生きていけない、そういう気持ちが強くなってくるからなのです。

光というのは喜びです。光というのは力です。光というのは勇気です。
光というのは無限の糧です。そうした感謝の気持ちがじわじわと伝わってくるのです。

それは、当初より、あるいは太初の昔より必要不可欠のものとして在った、そういう存在であるのです。

以上で、死後の世界の特徴的な部分について述べました。






category: 私の見た世界

tb: 0   cm: 0

ニュートン霊示集 -私の見た世界- 1  

ニュートン霊示集128-189


今回はニュートンの霊示集を紹介させていただきます。

ニュートンは万有引力の法則を発見した人であり、
近代における最大の科学者として知らない人はいないでしょう。

そのニュートンが今現在どのような考えを持っているのか、興味はつきないと思います。

宗教と科学は相反するもののように思われがちですが、
そうではなくて、実は同一なものかもしれません。

そう遠くない将来、霊界の存在が科学的に証明される日が必ず来ると思います。


----------


地上の生活を霊界の存在形式に近づけた科学

アイザック・ニュートンです。今日は、科学者として私が
こちらで見た世界について話をしていきたいと思います。

こちらというのは、言うまでもなく、あなた方が霊界という言葉で呼んでいる世界のことです。

この霊界は、ひじょうに広大無辺な世界で、いまだかつてこの世界のことが明瞭、
明確に説き明かされたことはないと言ってよいでしょう。

なぜ、この世界が厳然として存在するにもかかわらず、
明瞭、明確に説き明かすことができないのでしょうか。

そしてまた、だれもそのことに成功しないのでしょうか。この事実について考えてみたいと思うのです。

地上の人びと、とくに科学を勉強し、それを信奉している人たちは、
どうしても霊界というものに対して背を向けがちであります。

それがなぜなのだろうか、と考えたときに、
大きく二つの原因がそこにあるように、私には思えるのです。

第一の原因は、この死後の世界というものが、科学的アプローチによって、
きわめて検証しにくい世界であるということです。

海の底であるとか、あるいは大気中、宇宙外、
こうしたところは人間的努力によってある程度探究の可能性がありますが、
この霊的世界はそう簡単に探究できない。

そして、探究できるのは科学者と言われる人びとではなくて、突如、
天から降って湧いたような霊能者、預言者といわれるような方であるからなのです。

そこで科学者は方法論的問題において、まず第一番目の困難に行き当たるわけで、
こうした方法論的にきわめて可能性が少ない場合、彼らは自動的にその世界を避ける傾向にあります。

第二の原因は、やはりこれは教育あるいは文化の問題として考えられるでしょう。

霊的世界について語ったことは、これは人間が原始の時代に素朴に信じていたこと、
というふうにとられて、近代社会のなかではそうしたものはないという考えが主流になってきているからです。

この考え方の基礎をなすものに、二つあると思います。

一つは、技術的進歩によって、環境を変ええた、人間を幸福にしえたというその自負の面だと思います。

地上を幸福にするものは、神だとか霊だとかいうものではなくて、
人間自身が工夫し創意し発明した科学技術なのだ、という一つの自惚れです。

これがあると思います。

もう一つは、地上がひじょうに住みよいものとなってきたという事実そのものに帰せられることでしょう。

地上が住みよくなってきた、ひじょうに便利になり、面白くなってきた。

こうしたこと自体、霊的関心を失わしめるのに、十分な基礎をつくっていると言えるかもしれません。

人間は不自由ななかにおいては、自由を求めます。
けれども、自由のなかにおいて自由を求めるという心は、次第しだいに薄れてきます。

まず、情報の自由があります。世界各国の情報を瞬時のうちに入手できるといった自由があります。

また、これ以外にも、交通機関、運送、運輸、移動の自由というものがあります。

こうした移動の自由はある意味で地上生活を霊界に近づけているといってもよいかもしれません。

ほんの数十年前には、地球の裏側にまで旅行するということは、
きわめて難しいことであったかもしれませんが、現在ではだれもが海外旅行に出掛けて行きます。

飛行機という便利なものがあって、地球の裏側でも十数時間で行けるようになりました。

これは、地上の人間の生活がある意味において、きわめて霊界に近づいている、その理解や価値観は別として、
その存在形式、運動形式自体が霊界に近づいていると言うことができるのではないかと思います。

すなわち、霊界というのは念う速度にきわめて近い速度で、空間移動ができる世界のことです。

それゆえに、飛行機の登場、また飛行機以外のものであっても、きわめて高速度で移動できるものの登場は、
霊界の運動法則を地上に現出させるのに効果があったと言えるかもしれません。






category: 私の見た世界

tb: 0   cm: 0

谷口雅春霊示集 -本来肉体なし- 3  

谷口雅春霊示集128-182


----------


唯物論者ニコデモの話

さて、私も、『ヨハネ伝講義』という本を書いたことがありますが、
そのなかでも解説をしておきましたが、教会の長老、律法学者の長老にニコデモというのがおった。

そして、このニコデモという老人が、イエスに生命の実相のことを問うたわけです。
ひとたびそれに対して、イエスは、何と言ったか。

「生命の実相、霊の本質は、人はもう一度生まれ変わらねばわからぬ。
霊の本質というのは、生まれ変わらねばわからぬ」と。

こういうことを言っておるわけです。
これを聞いて、長老ニコデモは大変悲しんだわけであります。

自分はすでにもう何十歳、死ももうそう遠くない。白髪の老人である。
その年寄りの人間が、もう一回母の胎内に入って生まれ変わらねば霊のことはわからぬというのであるならば、
これは、かぎりなく絶望に近い。そういうふうに感じたわけですね。

そこで、「人、早老いぬれば、いかで生きることを得んや、再び母の胎内に入りて生まるることを得んや」と、
こういうふうなことをニコデモは申しておるわけです。

このニコデモの話を、私もよくいたしました。

しかし、結局は唯物論だと言うてしまうのはかわいそうであるけれども、
ニコデモという老人は生命の本質が肉体ではなく霊であり、生き通しの存在であることを、
まだしかとは理解しておらんかったということなんですね。

このニコデモに対して、イエスはさらにこう言うわけですね。

「人の子、あるいは、霊というのは、いずこより来たりて、いずこに去るかは、世の人は知らず。

それは風と同じである。風というのは、どこから吹いてきて、どこへ吹いていくのか。
これを人は知らんであろう。そのように、霊というものも、どこから来て、どこへ去っていくのか人は知らん。

ただ、それは知る知らずを問わず、現にあるのだ。風に来る方向があり、向かっていく方向があるように、
霊というものも、来たるべきところがあり、去っていくべきところがあるのだ。

そして、その霊の本質というものは、久遠の実在であり、生き通しの生命であるのだ」

こういうことを、イエスはニコデモにこんこんと説いたわけです。
そして、ダメ押しの言葉とも言えることを、さらにたたみかけております。それは一体何であるかと言うと、

「我はアブラハムの生まれぬ前(さき)よりあるなり」

当時、アブラハムというのは、人類の先祖、まあ、こういうふうに言われておったわけで、
最初の頃にもね、イスラエル民族の先祖と言いますか、イスラエル民族の先祖ということは、
すなわち、人類の先祖ぐらいに思われとったのですね。

まあ、当時の世界観では、イエスの二千年ぐらい前に人類の起源があったとしか
人びとは考えていなかったわけであります。

そのアブラハムという人も、同じように人類の先祖のように思われておったけれども、
ただ、数千年ぐらい前のように思われておったということですね。けれども、大変な昔であることは確かです。

しかし、イエスは、「我れはアブラハムの生まれぬ前よりあるなり」ということを言った。

だから、ニコデモは大変驚いたわけです。そこで、思わず、こう言った。

「汝、まだ、齢わずか三十何歳にしかすぎんのに、すなわち、五十歳にもならんのに、
私の年にもなっておらんのに、どうしてアブラハムの生まれる前からあったと言うのか。
まことに不思議なことがあるものだ。不思議な言葉があるものだ」

まあ、非常に気の毒な例を出して申し訳ないけれども、霊の実相ということを、
この方はまだ知らなかったというわけです。しかし、イエスは自信を持って言っとるわけですね。

「我れはアブラハムの前から生きておった生命だ。生き通しの生命なのだ」と。

ところが、当時のユダヤの人びとから言えば、アブラハムより前からおったということは、
人類より先におったということだ。

この人類の始祖より前におるということは、もう神と同じということですね。

結局、人間を創り給うた造物主、神、これと同じであるということだ。
すなわち、イエス・キリストは、自分を神だと名のった、と。

まあ、こういうふうに伝わっていったわけであります。

そのため、イエスの言ったこの真理、「アブラハムより前にあるなり」という真理が、
誤解され、曲解されてしまった。

イエスは、頭がおかしい、頭がいかれておるのだと、このように誤解を受けたわけであります。
そのため、ますますイエスへの迫害が重なっていったわけであります。

ただ、真実を述べるとするならば、イエスの真理は、私が説いておったこととやはり同じでありまして、

「肉体人間は、そなたの実相ではない。心のなかを見よ、そこに生き通しておる生命の実相こそ、汝が本質なり」と、

まあ、こういうことをイエスは言ったわけであります。

しかし、当時の人たちで、その生命の実相をつかむことができる人は、ごく少なかったということです。


----------




category: 本来肉体なし

tb: 0   cm: 0

谷口雅春霊示集 -本来肉体なし- 2  

谷口雅春霊示集128-182


----------


久遠の実在を喝破したイエス・キリスト

肉体というものは滅びるとしても、永遠の実相たる魂の本質は、決して滅びないのです。
滅びてゆかんのです。

イエスは言いました。「天地は過ぎゆかん。されど我が言葉は過ぎゆくことなし」と。

こうした名文句をイエスは吐いております。

我が言葉は過ぎゆくことなし。
この言葉というのは、単に言の葉、つまり、文字のことを言っておるのではないのです。

この言葉というのは、生命の息吹であり、生命の本質であり、生命の実相ということなのです。

イエスという人間の生き方そのものが言葉であり、
生命の息吹であり、実相であったわけであります。

すなわち、このイエスの生命の実相は過ぎゆくことなし、とこういうことを彼は言ったわけであります。

神の子としての高貴なる魂の本質、これは滅びることはないのだ、と。

イエス来たりて語りたもうたその言葉は、
三十三年の肉体人生をもって終止符を打たれるのではないということです。

終始符は、そんなことでは打たれはしない。
我が生命は、イエスの生命は、久遠の実在であって、アブラハムの生まれるより前にあるなり。

そういう生き通しの生命であるのだ。それがゆえに、
三十三年で肉体生命は閉じたとしても、その後二千年、現に生き続けておるではないか。

その生命は、その思想は、その言葉は。そうではないだろうか。

したがって、この言葉こそが久遠の実在であり、イエスの本質であって、
髭を生やした痩せた三十年配の男など、イエスの本質ではないのです。

そうしたものは過ぎゆくものであって、十字架にて滅びたものはイエスの本質ではなくて、
イエスの亡骸であり、抜殻であり、蝉の殻にしかすぎんということです。

その本質は、生き通しの生命であり、決して決して亡びることはないものであるのです。





category: 本来肉体なし

tb: 0   cm: 0

谷口雅春霊示集 -本来肉体なし- 1  

谷口雅春霊示集128-182


あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

今年も、みなさまのかてになる内容を投稿させていただけたらと思います。

本年第一回といたしまして「本来肉体なし」という内容を紹介させていただきます。
どうかご一読よろしくお願いいたします。


----------


「本来肉体なし」は仏教の真理

谷口雅春です。

私のこの霊言集というか、霊示集もなかばを過ぎ、いよいよ第5章にきたわけであります。
そこで、この章では、「本来肉体なし」と、こういう表題を選んでみました。

私の生前の教えに触れておらぬ一般の人から見れば、「本来肉体なし」とはずいぶん変わったことを言う。
と、まあ、こういうふうに思うかもしれませんが、昭和五年の頃から、すでに六十年近く、
私はこの「本来肉体なし」ということを一貫して説いてきたわけであります。

では、なぜこの「本来肉体なし」という教えが大切であるのか、
この点に関し、さらに話をしていこうと思います。

この言葉で大切なことは、「肉体なし」の上に、「本来」という言葉がついていることです。
これが何にもまして肝要であります。すなわち、乱暴な議論を言っておるわけではないということです。

肉体がないから肩から斬っても死なんとか、ご飯を食べんでもよいとか、そういうことを言っておるのではない。

この「本来肉体なし」というのは、「生長の家」の真理のなかでも大切な真理のひとつ、
いわば、縦の真理であるわけですが、結局は、こういうことなんです。

この「本来肉体なし」の教えというのは、釈迦仏教の本質と、少しも変わっておらんわけです。

なぜ少しも変わっておらんか、それを説明するならば、
結局、釈迦は、この世界を無常なものというふうに説いたわけです。

無常とは何か。常ならずということですね。目に見えるこの肉体も、あるいは家にしても、
あるいは他の人間がつくったもの、お寺にしても、あるいは稲にしても、麦にしても、猿にしても、
象にしても、蟻にしても、この世の中のものに関して、無常ならざるものというのはひとつだにないわけであります。

このひとつだにないもの、すなわち、無常なもののなかにあって、
人間は一体いかなる考えというものを基礎において、その人生観、これを打ち立てねばならぬのか。
ここが問題なわけであります。

そうしてみると、人間の肉体というのは、本当に有限であります。
有限であって、男性と女性の精子と卵子が結合して、やがてそれが大きくなって、赤ん坊が生まれ、
やがてまた、子供となり、大人となり、そして、年老いて死んでいく。

そういうわけでありますが、久遠の実在としての人間の本性を悟った釈迦は、
このような変転する無常なる肉体をもって、人間の本質とはしなかったわけであります。

人間の本質とは、無常のもののなかにあって、常なるもの、常なるもの、すなわち、
変わらざるもののことを言っているわけであります。

変転する世界のなかにおいて、色あせていく世界のなかにおいて、変転せぬもの、色あせぬもの、
それこそが久遠の実在であり、人間の本質である、と。

釈迦は、このように悟りを開いたわけであります。

実在が実在であるというところのものは、常なる存在であるということ。
滅失したりするようなものではないということであります。

肉体的には、六十年、七十年、百年もすれば、必ず滅失し、滅んでいく。
そのように滅んでいくようなものが、人間の本質であってたまるか、ということであります。

ですから、あなた方は、そんなものが人間の本質だという考えにとらわれてはならぬ。

そうした考えは、まったく病気のような考えであり、世の人びとを惑わしておる伝染病なのです。
思想病という名の伝染病なのです。

人生をこの世かぎりだと思い、わずか数十年だと思い、肉体が滅びればすべてが滅びると思うような考え、
こうした唯物論的な考えというのは、ひとつの病気なわけです。思想病でありて、それか伝染しておるわけであります。

よって、このような考えに、人間はとらわれてはならぬのです。

谷口雅春は、二年前にその肉体というものを地上に置き去ったわけでありますが、谷口雅春が個性は、
こちらに還っても、一向に変わってはおらんのです。

「生長の家」の信徒諸君は、初代総裁谷口雅春の声を聞けばわかるはずです。私の教えを聞けば、わかるはずです。





category: 本来肉体なし

tb: 0   cm: 0