fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

大天使ミカエルの降臨 3 -太陽界の神秘- 1  

大天使ミカエルの降臨3 128-187


今回は、大天使ミカエルの降臨 3 という書籍の中から、
太陽界の神秘という章を紹介させていただこうと思います。

大天使ミカエルとは旧約聖書に記されている天使として、ご存知の方も多いと思います。

大天使ミカエル自身、その最高霊域にあって、そこからの霊示であり、
太陽界のあり方を刻銘に説明されていると思います。

もちろん、あの世の世界は肉体のない世界でありますから、地上界のような具体的説明ではなく、
象徴的な説明でありますが、そのあり方をよくよく感じ取っていただければと思います。

あの世の世界とは、肉体が無くても存在していける世界であり、
心としてのみ、念いとしてのみ、存在していける世界であるという事を念頭に置かれまして、
読んでいただければと思います。

本日は、大天使ミカエルについての紹介をさせていただき、次回から太陽界の神秘について
紹介させていただこうと思います。

では、以下が本文です。

----------

ミカエルです。今、ふたたび、私がこのようなかたちをとって、地上のあなた方に指導できる機会が与えられたことを、
天にいます神に心より感謝いたします。

私は、あなた方が旧約聖書でその名を知っている、大天使ミカエルです。
私は、すでに永い永い月日、人びとを魔から守り、この地上に光の歴史を創るために仕事をしてまいりました。

私は、旧約聖書においては、竜と戦った天使と言われていますが、この竜、ドラゴンとは、サタンの頭でありました。
あなた方がその話を耳にしているかどうか、私はぞんじませんが、地獄というものは今からはるかなる昔にできたものです。

それ以後、この地獄という勢力を、単に消極的なる存在として置いておくのみならず、
積極的になんとか消滅させ、そして世界を光に変えんとして、私は努力してきたものです。

私は、かつて、何度も何度も地上を指導したことがあります。

もちろん、旧約の時代にも、旧約の預言者たちを数多く指導しましたし、また、モーゼの時代にも、イエスの時代にも、
またブッダの時代にも、私は天上界から指導したことがあります。

そうして、私の分霊の一部は、今から数百年前にドイツの地において、マルチン・ルーテル(ルター)として
肉体を持ったこともあります。



category: 太陽界の神秘

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/97-4a2b9294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード