fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

高橋信次霊言集 -人生の目的と使命- 1  

高橋信次霊言集―同時代への福音



みなさまこんにちは、前回からかなりの時間が空いてしまいました。
今回が今年最初の投稿となります。

今回は「人生の目的と使命」について説明させていただこうと思います。
そして、その事についての最適な神理の書を紹介させていただきます。

これは高橋信次という方が、霊言というかたちでもって「人生の目的と使命」について
メッセージを送られたものです。

「人生の目的と使命」というと何か非常にむずかしい演題のような気もしますが、
この書の内容は、非常に平易にわかりやすく、私たちの日常生活にも関わるようなかたちで
なおかつ、ユーモアをこめて説明されていると思います。

これは高橋信次という方が、一日でも早く、私たちに真実を知ってほしい、
本当の人間の生き方とは何かをわからせたい、その熱意のあらわれではないかと思います。

それでは、以下にこの書を紹介させていただきます。
今回も、何回かに分かれるかたちでの投稿となりますが、
どうか最後まで読んでいただくようお願いいたします。



----------


1 人生の目的を知るには、まずあの世を知れ

高橋信次です。私も地上の肉体を去ってもうはや、十年以上地上の皆様方とお話をしていません。

こうしてまた、地上の皆様方にメッセージを送ることができたことを非常に幸運に思います。

このメッセージを通じて、曽て私の教えを学んだ者たちも、
みんな私の現在の教えが、今どういうところにあるのか、また、私の本意が何処にあるのか、
そういう所を掴みとって頂ければ、これに勝る幸せはありません。

また、私も近々、或いはここ近々ですね、この日本の国に肉体を持った光の指導霊として、
最近の状況の報告、イエス様とか、モーゼ様、ああいう方々が仰ることと私が言うことじゃ多少具体性が違うだろうし、
宜た、それなりに近々経験した人間ですから、その深みというものがあると思います。

まあ、そういうつもりで私の話を聞いて頂きたいと思います。

本日は「人生の目的と使命」こういう演題を頂きましたのでこれについて語りたいと思います。

まあ、難しくなり過ぎてもいけませんから、皆さん頭の体操のつもりで聞いて頂ければいいと思います。

まず、人生の目的ということについてお話したいと思います。
この人生というものを、まずどのように捉えるかということが肝心であります。

人生というのを、よく哲学者の文章などを見て、人間はいろんなことを知っているけども、
自分が何処から来るのかも、また何処へ行くのかも知らない。何処から来て何処へ行くかを知らない。
そんなことで哲学者なんかは哲学的思索にふけっているわけです。

まあ、三木清という哲学者が居ましたが、三木清なんかも「人生っていうのは解らない。
人間は何処から来たのだろうか、そして何処へ行くのだろうか、やはり魂なんてあるのだろうか。」
こういうことを言って哲学者は一生を終われるんです。そういう意味で幸福ですね。

ところが私たち、宗教家というのは、それでは済まないんです。
魂の存在、転生輪廻、こういうものを当然として、更にその中でどのようなものを掴み取っていくか。

或いは、どのような説明をしていくか、そういう意味で、私たち宗教家というのは、
本当の意味で心の世界を科学しているわけです。

サイエンスなのです。ですから、あなたたちの地上界の科学というものは、
この物質世界を僅か研究しているにすぎないんです。

ところが私たちは、多次元をも、包摂した世界を探究しようとしている宗教家ですから、
宗教家というのは心の世界の科学者、まして、多次元世界の秘密を解明しているのですから、
これは、現代の物理学者たちの最先端をも超えているわけです。

現在、物理学では、三次元以降の世界、四次元、五次元、六次元、七次元、八次元、九次元、
こういう世界があるらしいということは数式でも分っているのです。

現にあるということは。そして、そういう所で、どういう特色があるということも何げなく分っているわけなんです。
分っているけれども、その世界について、行って見たことのある人が居ないから、うまく説明ができないんです。

アインシュタイン以降、皆、分っているんです。
ただ、その四次元以降のあるらしいという世界と、この三次元との関わり、
或いは宗教家たちが言う、あの世、それとこの世界の違い、これがはっきり分らないんです。

ですから、まあ私も科学者であったし、そういうことで、そのことをできるだけ科学的に解明するということで、
私の著書の中にも、できるだけ疑問追究、探究をしたつもりです。

けれども、あれだけでもまだ分らない。
それでは高橋信次が、生身の体を捨てて、こちらへ他界して来たのですから、この立場でもう一回、
この人生というもの、本当の人間の道筋、こういうものを解明したいと思います。



-人生の目的と使命- 2


category: 人生の目的と使命

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/82-50d98267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード