fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

スウェーデンボルグ霊示集 -天界の黙示録- 6  

スウェーデンボルグ霊示集128-184


----------


地上時間で十二月に入ってまもなく、金色の鳩がどこからともなく飛んできて、
私の家の窓べにとまりました。

私は安楽椅子に座ってしばらく読み物をしたりして、時間を過ごしていたわけですが、
窓べに雪がかかっているうえに、金色の鳩がとまってクククククッと嶋いて、くちばしで窓を叩きますので、
窓を開けてその鳩をなかに入れてやりました。

そうすると鳩は喜んで、家のなかを何回も飛び回りましたが、
私の肩の上にとまると、またククククククッと鳴きました。
これは、よいことを知らせるという意味でありました。

そして、鳩はいきなりまた私の肩から飛び立つと、窓から出て行きました。
やがて、三十分もしたころでしょうか、空のほうからなんともいえない音楽が奏でられてきます。

そして、ふっと空を見ると、今日はエリヤが一人だけくるわけではなくて、
エリヤの前に馬車が何台かあって、小さな音楽隊がついて来て、笛を吹いたり、太鼓を叩いたり、
いろんなことをしながら、空中を私のほうに向かって進んでくるのです。

「これはたいへんな歓迎ぶりだな、出迎えようだな」と私は思いました。
これまでして迎えられれば、これは国賓待遇です。

そうした待遇であるので、これはやむをえないという気待ちがひじょうにしました。

先ほどまで、机の上で原稿を書き散らしていたその原稿を、トントンと机の上でまとめると、
「ではこれにそって話をせざるをえまい」、そう思って表に出ました。

やがて、エリヤたちの集団が庭の前にとまって、例のごとくエリヤが降りてきました。
そして、「ここに金の馬車がある。これにあなたもお乗りなさい。そうすれば、目的地まで届きましょう。」

こういうかたちで私はその馬車に乗り、
途中エリヤたちといくばくかの言葉を交わし、
そして、どういう仕事であるかということを聞きました。

エリヤがいうには、「これは、とにかく地上の人間が、今危機を前にして、
寝惚け眼でまだまだ生活をしておるようだから、この目を覚まし、
そして、危機に気づかせてやる必要があるのだ。

これだけの真実の世界があるのに、この世界に気づかずに生きているということは、
なんと残念なことであるか。それを彼らに教えてやる必要があるのだ。

それを教えるのに、われらが霊人であるということの証明がない。
ゆえに、いろんな霊人が出て、その個性を明らかにしながら語り続けるということを、
ひとつの証明材料にしようとしているのだ。

したがって、スウェーデンボルグよ。あなたはあなたとしての考えを述べればよい。

他の者には他の考えがあるが、あなたはあなたの心情を述べればよい。
それでよいことになっているのだ。

多少参考になることを述べてくれれば、それでよいのだ。
また、主なる指導霊団がいろいろなことを考えているから、それを思い煩う必要はない。」

こういう話でありました。

私はその金色の馬車に乗って、エリヤにとなり合わせて座っていたわけですが、
途中アルプスの上空を越えてゆくという経験をしました。

これは、もちろん私のイメージの世界ですから、地上のみなさんの感覚とはちがうかもしれませんが、
日本の地に霊言を送るということは、私としては、このペガサスの馬車によってスウェーデンを飛び立って、
ヨーロッパを越えて、南へ飛び、そして日本へ渡ってくるような、
そういう気持ちであったと思っていただきたいと思います。


-天界の黙示録- 5

-天界の黙示録- 7


category: 天界の黙示録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/72-eb9c53a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード