fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

スウェーデンボルグ霊示集 -天界の黙示録- 1  

スウェーデンボルグ霊示集128-184



あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいいたします。

今年もみなさまにとって、かてとなる記事を書いていけたらと思います。

まず第一回として、「スウェーデンボルグ霊示集」を紹介させていただきたいと思います。

スウェーデンボルグという方が、どのような方かというと、
17世紀後半にスウェーデンはストックホルムに生まれた方で、
いきながらにして霊界に出入りし、その見聞録を書籍として残したことで有名です。

その方が霊示として送られた内容が、今回紹介いたします「スウェーデンボルグ霊示集」となっています。

この書籍の中に「天界の黙示録」という章があるのですが、
今回はその章を紹介させていただこうと思います。

霊界での生活のありかたとして、非常に神秘的な内容となっていますが、
その神秘を感じ取っていただけたらと思います。

今回もまた数回に分けての紹介になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

では、以下が本文です。


----------

表象の世界

スウェーデンボルグです。いよいよ本章で最終章に入りたいと思います。

本章は「天界の黙示録」と名づけましたが、天界の秘密、秘儀にあたる部分、
これを私なりの考えでご披露してゆきたいと思います。

天界の黙示録、それは、天上界の秘密でもあります。
その秘密を明かすということなのです。

さて、さまざまな話をしてまいりましたが、私が天上界についていちばんくわしいものは、
あるいは精通している領域は、この天界の構造です。
別な言い方をするならば、私は霊界の地図をつくっている人間なのです。
そういう仕事をしているのです。

霊界の見取り図とでも申しましょうか、これは正確なものがあまりありません。
測量するわけにゆかず、人口調査をするわけにゆかず、
どこで、どういう人がどのくらいいて、どんなことを考えていて、
その世界がどういう世界であるのか、これはかなりむずかしい部分があると思います。

私はそうした測量に参加している人間として、
その秘密をわずか一冊ですべて明らかにできるかどうか、自信がありません。
もっと、もっと膨大なものとなってゆくかも知れませんが、それらはいずれまた、
機会をあらためるといたしましょう。

おそらく天界の秘儀、天界の秘密を明かしてゆけば、五十巻、百巻の内容になってゆくでありましょう。
ただ、多くの読者はそこまでくわしく知る気がおありなのかどうか、私には十分にはわかりません。

それゆえに、ごくごく、かいつまんだかたちでこの天界の秘密について話をしてゆきたいと思います。

私たちの住んでいる世界は、ひじょうに暗示に満ちた世界です。
それは、あなた方が地上で経験しているような、そのようなごくありきたりの日常生活ではないのです。
また、地上と同じような人間的姿で生活しているわけでもありません。

私たちの世界は暗示に満ち、また、表象に満ちた世界です。
いろいろなものが、表象、あるいは象徴として現われてきて、
その意味をどのように解するかということが、ひじょうにだいじになってきます。



-天界の黙示録- 2

category: 天界の黙示録

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/67-a35eb6f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード