fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

イエス・キリスト霊示集 -愛の原理- 2  

イエス・キリスト霊示集_128×186


神は、私たちをけっしてさばくことはありません。
けっして、私たちを見捨てることはありません。

それは、私たちが、たとえ、どんな悪を犯そうとも、どのような人になったとしても、
そして、たとえ世界中の人に見捨てられたとしても、神はけっして見捨てることはない。

神は、ありのままの私たちを受け入れてくださることでしょう。

そして、その罪をどこまでも、どこまでも、赦し、赦し、赦し続けてくださることでしょう。
そして、どこまでも、深く、深く、私たちを思いやってくださることでしょう。

どこまでも、どこまでも、深く、深く、心配してくださることでしょう、癒してくださることでしょう、
かわいがってくださることでしょう、どこまでも、どこまでも、愛を与え続けてくださることでしょう。

愛といういうのは分かち合いなのです。

母親の愛を見てください。自分の子どもが、頭が良かろうが悪かろうが、
姿形が美しかろうが醜かろうが、運動神経が良かろうが悪かろうが、才能があろうがなかろうが、
「かわいい」と一心に抱きしめる。それが母性でしょう。

神の愛とはそのようなものです。
だから、あなた方が優れているから、優れていないからといって、神が差別されることはないのです。

神が、私たちをいとおしみ、慈しんでくださる思いが、どれほど深いものか、どれほど慈愛に満ち満ちたものか、
それは、肉体をもって生きている私たちには、なかなかわからないことなのかもしれません。

しかし、いつの日か、永遠の生命をもち、永遠の転生輪廻を繰り返していくなかにおいて、
永遠の進化をしていく途上において、いつの日か、神の御心がわかる日がくるでありましょう。

そして、それは、人間として生まれたなかにおいて、最大の幸福の瞬間でありましょう。
そして、そこにあるものは、神に対する圧倒的な感謝以外、なにものもありえないことなのです。

そうであるならば、そうした神の愛に感謝したならば、それを分かち合ってゆきましょう。

多くの人々の、喜びも悲しみも、苦しみも、他人ではなく、自分のこととして、自らの喜びとして、悲しみとして、苦しみとして、
すべてを分かち合ってください。

そうすれば、他の人びとも、必ずや、あなたとともに喜んでくれることでしょう。
あなたとともに悲しんでくれることでしょう。

私たちはみな、神の子なのです。

別々の存在のように見えるかもしれない、しかし、すべて私たちは、心の奥底において、つながっているのです。
すべては、神の子として一つの存在なのです。

ですから、共に、すべてを受け入れ、許しあい、分かち合い、共に進歩してゆきましょう。

無限の時を、ともに幸福になってゆきましょう、喜びも悲しみも、すべてを分かち合いながら、
神に向かって、ともに進化発展してゆきましょう。

それを、神様は、大いなる期待をこめて、大いなる祈りをこめて、無限の時を与えて待って下さっています。
それが、愛であり、神の御心そのものではないでしょうか。

そして最後に、付け加えておきたいことがあります。

他の人に対して与えた愛、それは、与えられた人そのものを幸福にするものであり、すばらしい光であることに変わりありません。
しかし、それと同時に与えた愛というものは、めぐりめぐって自らに還ってくるものなのです。

与えた愛というものは、他の人を幸福にすると同時に、与えた人そのものに還ってくるようになっているのです。

では、それは、どこから来るのでしょう、どこからそれは、与えられるようになっているのでしょう。

それは、神からくるのです、神から大いなる恵みとして、すばらしい幸福として、すばらしい光として、
神様から与えられるようになっているのです。

与えた愛というものは、それすなわち、与えた人自身のものになるようになっているのです。

どうか愛を与えてください、見返りを求めることなく、愛を与え続けてください、与えきってください。

そうすれば、必ずや、幸せの原理として、あなた方に戻ってくるでありましょう。

どうか、この言葉を信じてほしい、そして勇気をもって、希望をもって生きて言ってほしい。
それが私の願いです。




-愛の原理- 1

category: イエス・キリスト霊示集

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/52-03bed313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード