fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

卑弥呼の霊言 -紫式部の霊訓 あの世での生活様式- 12  

卑弥呼の霊言128-184


----------


低次元の霊能者では悪霊は除去できない

善川 それとこれに関連する問題として、いま少しはっきりさせて置きたいと思うことがあるのですが、-
   この現象世界で、とかく霊能者とか、法力者とか、予言者とか、
   或いは霊力によって悪霊を払って病を癒やすという、いわゆる巷の霊治療者ですね、
   こういう心霊術者と称する人が、とかく身振り素振りを大きくして、テレビとか雑誌を賑わしていますが、
   果たしてこれはどうでしょうか。
   その悪霊なるものを払ってもらってその祈祷所を出て家に帰ったら、
   又ぞろその悪霊は待っていたようにその人のところへ戻ってくるのではないでしょうか。

紫  仰る通りです。その悪霊払いの宗教家達は聞達っているのです。
   そういったもので悪霊を払うことはできないんです。悪霊が寄ってくるところというのは、臭いとこなんです。

   臭いところには、うじが涌いたり、蟻が寄って来たり、
   蝿がたかったり、様々な動物が寄って来るのです。

   こういったものをですね、パタパタと煽いだところで、
   一時期彼らは居なくなったようにみえても又、寄って来るのです。

   ですからそういったもの、お祓いとか、お潔とか、こういったものによって、
   人間は絶対に救われることはありません。
   それは一時期追い散らしているだけのことなのです。

   そうして追い散らしてはまた呼び、また呼び、
   追い散らしているうちに段々道がついていろんな悪霊達が寄ってくるんです。

   かえって人生は不幸になって来ます。

善川 要は、本人自身の霊的自覚、悟りの問題ということですね。

紫  その通りです。





category: あの世での生活様式

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/328-1960a69c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)