fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

卑弥呼の霊言 -紫式部の霊訓 あの世での生活様式- 7  

卑弥呼の霊言128-184


----------


男女は別居、たまには同居もある

善川 そちらではたとえば、男女は別居で生活して居られるのでしょうか。

紫  別々に住んでいる方の方が数としては多いです。

善川 女性は女性ばかりでいわば「邑」をつくっているのでしょうか。

紫  そうではありません。女性も男性もそれぞれ町の中には住んでいますが、
   それぞれの自分の家を持っていることが多いです。独りで住んでいる人が多いです。

善川 アパートというようなのはないわけですね。

紫  アパートというようなものはないです。私らの世界は、人口難でも、
   人口が多過ぎるということもなくて、それぞれが持ち家ですね、独りひとりの家を持っています。
   ですがたまにはね、私達の世界に来ても非常に仲のいいカップルというのがあるわけです。
   そういった方々は同じ屋根の下に住むこともあります。

善川 それは現世で、肉体人間である時に夫婦であったということでしょうか。

紫  そういう場合は稀です。夫婦でこちらへ来ても夫婦というのも稀なケースだと思います。
   ただ私達の世界でもね、こちらで波長が合って、たとえば私は小説を書いたりしていますが、
   文学的な意見が一致するので、近くに居ていろいろ話をしたいというような場合に近くに来られるわけですが、
   一緒に住むこともあります。

   けれどもあなた方の世界のような、夫婦というようなそういったものがあるわけではありません。
   一緒に住むことはあります。ただそれに対してですね、人々の評価は様々です。

   羨しいと思う人も居ますが、そういったことは恥ずかしいと思う人も居るんです。
   どちらかというと恥ずかしいと思う人が多いのです。恥ずかしいというのは、
   あまりにも地上的な感じがするんですね、
   
   私達の世界においては、地上的であるということは恥ずかしいということですね。
   あまり神の方に近くない地上的な行為だ、ということで恥ずかしいと思うことが多いのです。

   ただ自分もああいう経験をしてみたいなと思う方は、いいな、羨ましいなと思う方も居ます。

善川 そうですか。まああなた方の世界ではそうでしょうが、も少し高い世界の方々には、
   もうそういうことはないんでしょう。

紫  ないです。ないと思います。まあ私は、行ったことがありませんので、
   分かりませんが、ないと思います。

善川 例えばこの世的にいえば“恋愛”とかいうような感情とかは -

紫  私はまだその神霊の下の方の段階に居ます。
   私のもっと上の、上の段階には、もう神様ですね、
   いわゆる神様の世界が展がっているわけですけど、そういった少なくともたとえば、
   神社の神様になったり、いろんな五穀の神様そういった神様といわれている方々になると、
   もう結婚したりなどすることはありません。

善川 あなた方の世界では結婚といいますか、
   同じ屋根の下で住居を一つにするということについての許可とか何か、
   届けがいるんでしょうか。

紫  許可は要りません。ただ一緒に住んでいましてね、それで何か古い魂の痕跡が出て来まして、
   それで昔の欲情とかそういったものが芽生えてくると、段々不調和な雰囲気をつくっていって、
   私達の世界に居られなくなってきます。

   もっと彼らにとって自由な世界、私達からみれば下の世界へと降って行く霊もあるのです。

   漸く私達の神界の世界まで来たのだけれど、そこでもやはり男女の愛が忘れられなくて、
   一緒に棲むようになる。一緒に棲みながら神様の世界に居れないような、
   地上的なことをしたくなってくる。
   そうするとやはり、下の世界へと自ら選んで降りていく人達も居るのです。

善川 そうですか、上へばかりでなく、下へ降りて行く人達も中には居るんですね、

紫  そういう方もおられます。





category: あの世での生活様式

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/323-53fd1554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)