fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

卑弥呼の霊言 -六次元神界の様相- 1  

卑弥呼の霊言128-184


今回は、卑弥呼の霊言の中から紫式部の霊訓を紹介させていただきます。
紫式部は平安時代の歌人であり、源氏物語の作者として有名です。

紫式部は今六次元神界にあって、
その世界の生活様式をわかりやすく説明されています。

どうぞご一読よろしくお願いいたします。

----------


私の住居は郊外の瀟洒滞酒な一戸建の住宅

 - 紫式部の招霊を行う -

紫  紫式部でございます。

善川 あゝ紫式部さんですね、しばらくでございます。

紫  お久しうございます。
   註(先年招霊したことがある)

善川 実はね、私先般、滋賀県大津市の石山寺に詣でました折に、あなたが「源氏物語」を書かれたという
   み堂を拝観して参りましたのですが、これは事実あなたは彼の地で書かれたのでしょうか?

紫  石山寺ですか?、私はそこで書いたとは思わないのですが。

善川 そういう言い伝えが残っていると堂の案内人の説明でございましたが……。

紫  そういうふうに伝わっているのかも知れませんが、
   私自身は宮中で書いていたと記憶しておりますけれど……。
   或いは石山寺詣をしたことがあるかも知れませんが定かではありません。
   書いた所は宮中であったと私自身は覚えておりますけれども。

善川 まあそれはそれとして、お尋ねしたいことは、
   今あなたがそちらでお居でるところはどの辺の霊域でしょうか。

紫  と仰られても私には少し分りかねますけれども、

善川 おわかりにならない、
   たとえば、ご一緒にお居でになられるような方ではどんなお方がお居でになられますか。

紫  当時でいえば、私達と共に歌を詠った方とか、現代でいいますと、
   物を書かれている方とか、そういう方々が居られます。

善川 文筆家の方々とご一緒に居られて、宗教家の方々とはご一緒ではないのですね。

紫  ちょっと宗教家の方はおみうけ致しませんが。

善川 まあ云うならば芸術家の方々がお住居されている“邑”ですね。

紫  はい、そうです。

善川 こういうことをお尋ねしてはどうかと思いますが、お部屋ですね、お住居です。
   このお住居はどんな家においでですか、われわれが現代において見ているような建物でしょうか、
   それともあなたがご生前の頃のような昔のお屋敷でしょうか。

紫  そうではありませんですよ。私は今もうワンピースを着たり、
   そういう今の若い女性が着ているようなもの着ているのですよ、
   ワンピースを着て、髪もカットし非常にモダンな女性になっているのですよ。
   私の住んでいる家もやはりもう現代風のちゃんとした家でございます。
   一戸前の家に住んでおります。

善川 そうですか、というのは最近、現代人が他界されてそちらの方へ移って行かれたために
   そちらの風景も変って来たのでしょうか。

紫  段々この地上界の生活というものに見合わせて霊界の方も変っておりまして、
   私の家の中には台所ですね、キッチンもあれば、応接間もあるし、寝室もあるし、居間もあるし、
   お客様や友達が遊びに見えられたら応接間にお通ししてお話することもあるし、
   音楽を聴くこともあるし、キッチンで手料理を造ることもありますし、
   こんな壁の居間で編物をすることもあります。
   けど、主としてやっぱり本を書いたり、仲間同士で本を書いたり、また書いたものを回覧したり、
   そういうことを日頃しております。
   私の住んで居る家は瀟洒な木造の一戸前の家です。





category: 六次元神界の様相

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/306-4e0b5dab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)