fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

永遠の法  -心の世界-  

永遠の法120-171



死後、私達が還ってゆく、あの世の世界とはどの様な世界なのでしょう。
天上界とはいったいどの様な人たちが住んでいるのでしょうか。

肉体を脱ぎ捨て心のみとなった、念いのみとなった、意識体としての生活とは
いったいどのような生活なのでしょうか。

それは霊として自由自在な生活であるのです。

天上界では食物をとらなくても死ぬことはありません、
お金もうけをしなくても路頭に迷うことはありません、

青春期での性の苦しみもありません、学校でのいじめもなければ親子の葛藤もない
経済的な苦しみもなければ職場で人に使われる苦しみもない、
いやな人に会う苦しみ、好きな人と別れる苦しみもありません。

病気の苦しみもないし、年老いて醜くなってゆく苦しみ、
そしてやがては死んでゆかねばならないという恐怖に対する苦しみ

天上界とはこうした苦しみが何一つない世界なのです。

天上界ではお互いの心がガラスばりでだれからでもわかるため、
不調和な心を持っていてはとても同じ世界にいられなくなります、

よって日々会う人々は心が調和されたすばらしい人々ばかりなのです。

人間の生命は永遠です、
そしてそれは調和された生活をして生き、美しい心をもって
天上界に還った人にとってはこの上ない福音です、

そうしたすばらしい世界の中で
永遠に生命をまっとうしてゆくことができるからです。

人間は心です、魂です、よって死んであの世にもって還れるものは心しかないのです。

心がすべてなのです。

死んで持ってかえれるものは心しかないときずいて初めて、
人間は真に力強い人生をおくることができるのです。

心しかもってかえれないならば、せめて美しい心を持ってかえるしかないでしょう

それはいったいどの様な心でしょう、
それは愛に満ちた心です、与える心、生かす心許す心、感謝する心です、

ですからそうした心を持ってかえれるようにように、熱鉄のごとく熱く燃え上がるべきなのです。

こうした事実をよくよくこころにきざんで、
どうかみなさまも真に力強い人生を開拓していってほしいと思います。


category: 永遠の法

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/3-fa0189ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード