fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

カントの霊訓 -あの世では階層ごとにどのような人が住んでいるか- 13  

ソクラテスの霊言128-183



----------



七次元、八次元の中間に(梵天界)

また、この七次元"菩薩界"から八次元の<如来界>へと到る道がある。

ここがあなた方の言葉でいうならばこの中間に<梵天界>というものがあるのである。

これは先ほど神界と菩薩界との間に<諸天善神>というような位、神様、
光の天使の初歩の位があるということを申しあげたが、

やはり<梵天界>というものがあって、これが如来界へ到るための境界になっている。

ここでの修業は何かというと、主として、人扶けが了った人達が来ているのである。

この<梵天界>においては、人々は、"宇宙の理法"というのを勉強している。

宇宙はどのような仕組みで動いており、また神の世界計画は、どういうところにあるか。
そういった宇宙の経綸のようなものを学んでいるのがこの<梵天界>である。




category: カントの霊訓-あの世では階層ごとにどのような人が住んでいるか

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/254-e39a40cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード