fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

カントの霊訓 -あの世では階層ごとにどのような人が住んでいるか- 6  

ソクラテスの霊言128-183



----------



地獄界の様相(血の池地獄)

また、地獄の中には、さらに違った地獄がある。

ある意味ではあなた方のほうがくわしいかも知れないけれども、
〝血の池地獄〟といわれるようなものも現にあるのである。

これは、生きていた時に、情欲に心を燃やして世の中を渡って来た人達が行くところである。

情欲に心を燃やすということは、あらゆる人間において、
すくなくとも青春期の一時期にはまぬがれがたいことであり、

大部分の人間は死ぬまでそれを無くすることは出来ないものである。

情欲の思いそのものは、決して悪いものではない。

それは種族保存のために与えられたものではある。

だが要は、その人の人生における価値観である、ということなのだ。

さまざまな人は、さまざまな〝念い〟を持っているけれども、
その中で一番強く思ってきたこと、一番強く希ってきた念いによって、
その人の傾向というものは瞭らかに打ち出されているのである。

この"情欲地獄""血の池地獄"に陥ちている人々の特徴とは、
この世に生きていた時に、性的な快楽のみが最高であると思い続けて来た人が行くところである。

その様相は、あなた方が既に"血の池地獄"として昔話に聴いているものとほぼ同じものである。

そのような生臭い、ぬめぬめとして、血の海のような中において人々は囁いでいる。

これは、本当に自分らが目指して来たものが、実はこのように苦しい醜いものであったということを、
十分に分かるまで経験させられるのである。




category: カントの霊訓-あの世では階層ごとにどのような人が住んでいるか

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/247-52e120c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード