fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

キリストの霊言 -I- 6  

キリストの霊言

----------


へロデ王の幼児狩りは作り話

-善川-
そうですか。次にお伺いしたいことは、あなたはご生誕後、
生母マリア様とご一緒にエジプトの地に逃がれて行ったという聖書の記述のことについてですが。

-イエス-
エジプトに? 何ですか……。

-善川-
かつて東方から来た占星術の学者たちが、エルサレムのへロデ王のもとに行き、
生誕されたあなた様のみもとへまいり祝福されたが、神のみ使いが父君ヨセフ様に霊告され、
へロデ王がベトヘレム周辺一帯の二歳以下の男の子供を捕えて殺すということで、
夜の明けぬ間にエジプトの地に避難されたということでありますが -。

-イエス-
それは、いわば迷信です。
後の人達が、そのような物語を作り出したということであって実際、
預言者が私が生れることを告げたからといって、すべての男の子を殺すようなことがあったわけはありません。

-善川-
そうですか。それはともかくとして、あなた様のご生母マリア様のことについて -。

-イエス-
彼女が生きていたころは、平凡な大工の妻として、善人としての生涯を終えました。




category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/184-b09f7b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード