fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

高橋信次霊言集 -反省とは- 13  

高橋信次霊言集―同時代への福音



----------



日々一刻一刻が悟りである

ところが、その反省も、その反省によってその曇りを取り除くんですが、
一旦反省によって曇りを取り除いたとしても、また暫くすると人間というのは、想念の曇りを造っていくんです。

これは丁度、錆た鉄が、磨いても、錆びを取って落としても、暫くほっておくと、また錆びついてきます。
酸化鉄です。これができるのです。

また、やすりで研かなければいけない、一緒なんです。

永遠に悟った人というのは、いないのです。

悟りというのは、日々、日々、-刻、一刻なんです。一刻、一刻の悟りがある。

昨日のあなたが美しいあなたであったからといって、今日のあなたが、心が美しいかどうか分らないのです。

今日のあなたが、朝一番に妹さんと喧嘩したり、お父さんと言い争ったりして、私と対峙しているなら、
あなたの心の中には、私の言葉はストレートに入らないんです。
多分、ストレートに入らないはずです。

そういうふうに人間というのは、一日一日を積み重ねていくことが大事です。

ですから、反省を毎日、毎日繰り返すことによって、常に心を澄んだ状態に保つということ、これが大事なのです。

ですから、従来の反省観、道徳でいう反省と、私が言う反省との違いは、要するに

神の光を、曇りを取り除くことによって、神の光が入ってくる。この理論です。

これは非常に簡単な理論のようであって、非常に難しいんです。
実際に体得する迄は。

結局、古来、いろんな偉人たち、或いは聖者たちが説いて来た悟りの方法というのは、これに過ぎないんです。

心が造ったスモッグを取り除いて、神の光を直接受ける、これが悟りなんです。


----------

いかがでしたでしようか。
どうか、みなさまがたが本当の反省の意味を理解され、真に幸福な人生を歩んでゆかれることをお祈りしております。




category: 反省とは

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/130-ceaa7fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード