fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

大天使ミカエルの降臨 3 -太陽界の神秘- 4  

大天使ミカエルの降臨3 128-187


----------


悪魔のからめ手

私は今日みなさんの前でこうやって収録をしていますが、この用が終われば、
これからまた地獄界の方に赴いて行くという、そういうスケジュールを持っています。

この収録が終わればまた地獄界へ行き、最近動きが活発になってきているあのルシフェルたち、
この者たちとまた談判をしに行くつもりでおります。

なかなか言うことは聞きませんが、それでもミカエルが本領を発揮し、また本気で実力を行使し始める時、
彼らは次第しだいに活動がしにくくなってきます。

悪魔たちが跳梁する所では天使が出にくくなるとも言われていますが、
逆に天使たちがほんとうに力を発揮する時に、悪魔たちも動きが取れなくなっていきます。

それは彼らが出没する所に天使たちが群れをなして現われたときに、とうてい居ることができないのです。

これはやはり同類相集まるの法則と言ってもよいでしょう。
天使が群れている所に悪魔は来れないし、悪魔が群れている所には天使は居にくい。

したがって必要な所にどれだけ多くのそうした勢力を置くかということかだいじになってきます。

今悪魔たちも最後の抵抗をしようとしていますが、私が動くときは天使軍団が総力を挙げて動くときです。

その時は彼らとしては、自分たちの出城が一つひとつ落とされていく時なのです。
私はそのように言ってよいのだと思います。

悪魔の特徴というのは、どうしても弱い所、小さな所、弱み、裏手搦手から攻めてくるということにあります。

人間でも自分の弱い所は攻められる、また団体になっても組織のなかの弱い所は攻められる、
こういうようになってくるわけです。

たとえば執着を持つなとよく言われますが、執着になっている所はその人の悩みである所も多いわけです。

そうした所があればそこを攻めてくる。結婚問題で悩んでいる人がいればそこの所をついてくる。
健康問題で悩んでいればそこをついてくる。
金銭問題で悩んでいればそこをついてくる。

こういうようにして、その悩み悩みにつけこんでくるということがあるのです。



category: 太陽界の神秘

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tlots1986.com/tb.php/100-0276dd1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード