fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

スウェーデンボルグ霊示集 -天界の黙示録- 3  

スウェーデンボルグ霊示集128-184


----------


そうして、マホメットは三回丸を描くということは、
三重の意味での悦びを表わしているというように理解すると、
また彼のほうから通信が送られてきます。

今度は空に絵が描かれます。それはひとつの山を示しています。

山の絵が描かれ、そしてふもとに湖がある姿が描かれます。
そして、湖のそばにひとつのお城があるのが見えます。
ここで落ち合おうという意味なのです。

そうすると、私はまた念を送ります。
そうするとその念のなかでは、私が笑顔でもって応えている姿が出てきます。
その次に日時の約束が始まります。「何時」ということです。

そうすると、マホメットのほうからは、山と湖の絵に太陽の図が入ります。
太陽が どの位置のときか、これを描くわけです。

これはもちろん霊界の太陽ではあるのですが、象徴的な意味として時間を表わしております。

そこで、その霊太陽の位置を見つめて、だいたいの方角と時間とを確定します。
こうして、私たちはたとえば地球時間でいえば三時間後、
その山のふもとのお城で会うという約束ができ上がるわけです。

そうするとどうなるかというと、時間がくると私はそわそわとし始めます。
行かねばならないと思うわけです。地図の上でそれがどこの場所にあるのかはわかりません。
ただ、山のかたち、そして湖のかたち、お城のかたちと、霊太陽の位置というものを心に刻んで、
そして、瞑想に入ります。

そうすると瞑想中にその情景がありありと浮かんできます。
すると、こともなげに私の身体が、部屋のなかからかき消えて、
突如その湖のほとりのお城のなかに現われてくるわけです。

そこに現われてみると、マホメットはニコニコとしながらテーブルにつき、もう飲み物の用意をしています。
こういうかたちで私たちは会談をします。

おそらく地上の方から見れば、まことに不思議な通信方法であろうと思いますが、
天上界では、いったいどの世界で今だれが何をしているか、それはかならずしもわかりませんが、
念と念とでこのような通信をし合うのです。

ですから先方か、あるいは当方から、強く相手のことを思うと、
相手のほうにはなんらかの表象ともいうべきものが現われてきます。

そのシグナルが現われてくるのです。
すると、それに対する応信を打ちます。
応答をすると、そこで対話が始まるということです。

なぜ、こういうかたちをとるかということですが、
もし相手に受諾の意志がなくとも通信できるのであれば、
たとえば、悪いことをしようとすれば、いくらでもすることが可能であるからなのです。

その悪いこととは何かというと、意図的に害をもって、
他の霊を困惑させようとすれば、させることができるからです。
一方的に念を送って、その者をたとえば支配する、あるいは害するということが可能となってきます。

そうであってはいけないので、一応、天界のルールづくりがありまして、
そして、念の合致をみたあと対話をするようにしているのです。

これはひとつのルールであり、法律で決められたことであるわけです。
これがなければ、他人の生活にいくらでも侵入してくることができるからです。
現に、地獄の霊たちはそういうこともやっております。

このルールがなければどうなるかというと、私は私で精神生活があるわけですが、
他の人がスウェーデンボルグをどうにかしたいと念い続けると、
それが私の念に、頭にとりついて離れなくなってくるために、私は正常な活動ができなくなるのです。

それゆえに、私のまわりに相手の念を受ける気持ちがあれば通信が始まるが、
念を受ける気持ちがなければ通信はできないシステムをはりめぐらしているわけです。

すくなくとも、空に浮かんだこの表象文字が見えるということ自体、
私の心のなかにそれを受け入れる余地があるということであって、
いくらそういう念を送られても、私のほうが他のことに没頭していて、そういうものを受ける気持ちがなければ、
その表象文字は私の目には入らないと思ってまちがいがないわけです。

これは、地上の人から見れば、電話をかけても相手が出なければ通じないというのと一致しているといえましょう。


-天界の黙示録- 2

-天界の黙示録- 4


category: 天界の黙示録

tb: 0   cm: 0

スウェーデンボルグ霊示集 -天界の黙示録- 4  

スウェーデンボルグ霊示集128-184


----------


新しい使命の始まり

さて、さらに天界の秘密を話してゆきたいと思います。これも、あるときの話です。

私が山道を歩いていたときに、突如東のほうから、光の玉のようなものが飛び出してまいりました。
そして、その光の玉が空中で分裂し、いくつかの霊的なかたまりとなって散りました。

やがて、そのかたまりが赤く変色して、赤い字が書かれました。

そこに書かれた文字が何であるかというと、
「東の国に太陽が昇る。太陽のもとにはせ参ぜよ。これは歴史的な試みである。」
こういう赤い文字が現われたのです。

そうして私がその赤い文字を見つめていて、さらに関心を示して、「おもしろい。」
というふうに一言いうと、この赤い文字が金色に変わります。

それは、悦びを表わしているわけです。
さらに、次に字が出ます。また赤い字が空中に浮かんできます。

「スウェーデンボルグよ。汝ふたたび召命されたり。
汝の使命が始まった。汝も東の国にて汝の考えを世に問え。」

こういう字が赤く出ます。
私はしばらく考えたのち、「いいでしょう。」という言葉を発します。

するとその次に、この赤い文字は金色に変じて、また空中で消えてゆきます。

さらに、その次に現われたるものは何であるかというと、
どうやら私の前に霊示を送った人たちの顔のようです。

霊示を送ったいろんな人の顔が次つぎと浮かんできます。
そして、私の前に霊示集を出しているエドガー・ケーシーであるとか、ノストラダムスであるとか、
こうした人の顔が空中に浮かんでは、その本が出てくるわけです。

こうして私に、こういう仕事を自分たちもしてきたということを、暗示しているわけです。

私は「わかった。」と応えを送りますと、「のちほどまた迎えが来る。」こういう合図がありました。

これで私は、まもなく地上に対してメッセージを送らねばならない。
そういう使命がきたということを悟るわけです。

こうして、心のなかでの準備が始まってゆきます。

天界といっても、その領域はたいへんは広く、広大無辺であって、
如来たち同士でもいつも同じところに住んでいるわけではありません。

ある者は、ヒマラヤの山を越えたような奥地に住んでいるようにも見えますし、
ある人は、遠い空中のかなたに住んでいるようにも思えます。
相当広大な領地のなかにそれぞれが往んでいて、日々接触することはそう多くはないのです。

私はもちろん北欧の生まれ育ちですから、霊界の感覚は、私にとっては北欧の感覚があります。
そうした霊界に住んでいるわけですが、こちらの世界で如来というのは、そう多くは出ていないために、
私もごくごくわずかな人たちと生活をしております。そうしたものなわけです。

やはり、地上に生きていたときの記憶があって、それなりの生活様式をこちらでも欲するといってもよいでしょうか。
みなさまの目には、北欧スウェーデンの、あるいはフィンランド、ノルウェー、
こうした国の姿が目に映ってくると思います。

意識のなかにおいては、私もそういうところに往んでいる気持ちでおりますから、
東の国日本に出向いて霊言を送るということは、ひとつのめずらしい行為であるわけです。

私としてはたいへんめずらしい行為で、
「さあ、そうしたことが今の時代に必要なのだろうか。私などが出てどれほどの力になれるのだろうか。」
そういうことを考えるわけです。


-天界の黙示録- 3

-天界の黙示録- 5


category: 天界の黙示録

tb: 0   cm: 0

スウェーデンボルグ霊示集 -天界の黙示録- 5  

スウェーデンボルグ霊示集128-184


----------


エリヤの訪問

そのうち、使者が私のところにやってまいります。
私のところに来た使者とはエリヤでした。

エリヤという霊人が私のもとを訪ねてまいりました。
それは今からおよそ一か月ほど前であったと思います。

もちろん地上時間においてです。
一か月ほど前、このスウェーデンのようなそういう山国、北方の国の雰囲気をかもす私の家のほうへ、
あるときおとずれる者がありました。

その者は、もうすこし南のほうで生まれた感じが明らかに出ていて、
砂漠地方の住人であるような感じでありました。
そして長いレースにも似た着物を着、いかにも預言の旅であったというような姿でありました。

私のところへは、どのようなかたちで来たかのかといえば、ひとつの車です。
これは黄金の馬車といって、金色に輝く馬車のようなもので乗りつけてきたのです。

みなさんの目にはその光景が浮かぶでしょうか。
私が雪深いその風景のなかで、ドアを開けて出てみたら、
庭先には目もさめるような金色の馬車があって、その前に二頭の馬がつながれていました。

この二頭の馬は、ペガサスという名で呼ばれている馬です。
羽が生えているのです。二頭の馬は純白ですが、羽だけが金色です。金色の羽です。
こういう馬が来てとまっているのです。

まことに不思議な感覚です。私白身はペガサスに乗って空を飛ぶという趣味はございませんので、
ひじょうに不思議な感じがしますが、預言者らしく、エリヤはそのような出で立ちで、私のもとを訪れたわけです。

そうして、「のちほど霊言を送っていただく予定だが、了解していただけるか。」という話を私にしました。

私は「ご趣旨はわかりました。特別にご縁があるわけではないが、
そういう仕事であるならば、私の生前の仕事とも一致するものであり、
日本という国でいろんな書物が出始めているし、私も、過去世においても多少ご縁があった関係で、
なんらかの話をしてみたいと思います。」

「では、いつほどに迎えにあがろうか。約一か月のちになると思うがそれでよろしいか。」
というようにエリヤからの問い合わせがありましたが、

「よいでしょう。そのときにまいりましょう。」こう私はお答えしました。

すると、エリヤは「では、そのときにもう一度お迎えにあがります。
お迎えにあがる印として、金色の鳩をお宅に遣わします。
金色の鳩が窓べにとまって合図をしたら、それが迎えの印だと思ってください。
そのときに表に出て、私の到着を待ってください。」
こういうように言われましたので、

「わかりました。そのようにいたしましょう。」と答えたわけです。



-天界の黙示録- 4

-天界の黙示録- 6


category: 天界の黙示録

tb: 0   cm: 0

QRコード