fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

永遠の法  -霊の本質と天国地獄-  

永遠の法120-171


私たちは死後あの世に還ってゆくわけですが、あの世には天国と地獄があり
必ずどちらか一方におもむいてゆくことになります。

私たちはみな天国に行きたいと思っているはずであり地獄に行きたいという人はいないでしょう。

ではいったいどうすれば天国に行けるのでしょう、いったいどのような人が天国に住んでいるのでしょう。
その明確な説明がされているものはほとんどないといってもよいでしょう。

昔からよくいわれているものに戒律というものがあります、それに照らし合わせて罪とそうでないものをわけ、
罪多きものは地獄に堕ち、罪のないものは天国に行くという考え方です。

例えば、人を殺せば地獄に堕ち、人を殺さなければ天国に行ける、あるいは物を盗めば地獄に堕ち、
盗まなければ天国に行ける、こうした考え方です。

たしかに、こうした考え方にも真実が光っていると言えます。
しかし、本当の天国、地獄を分けるものは何かというと、こうした戒律ではないのです。

結局、その人の六十年、七十年の人生を通して、神の子としての本質に気がついた人は天国にいっており、
またその本質を発揮すればするほど、高い天上界に昇って行っているわけです。

その一方、神の子としての本質に気付かずその芽を出さないままにこの世を去った人は、
地獄界というところで厳しい試練をうけている、これが本当の姿なわけです。

昔話によくでてくるものに畜生道というものがあります。
そこでは人間はもはや人間の姿をしておらず、体が馬であって顔が人間、
体が牛であって顔が人間、こうしたものが現実に存在するのです。

またヘビのようになって地獄の地面をはっているものもいる、
こうした人たちは、なぜ自分がこういう姿になったのか、という事がわからずそうしているのです。

それは、彼らが、霊の本質ということを知らないからです。

霊の世界は、思った事が実現する世界なのです。

しかし、彼らは生前、生きていた時に思った事は、心の世界においてすでに実現したことだということを知らないでいたのです。

心の中でどのような思いを持っていても、外面から見えないからかまわないと思って生きてきた人たちなのです。

肉体を持っていた時に、その心の中が透き通しで、何もかも見通されてしまえば、
恥ずかしくてとても人前に出られなかったような人たちなのです。

そうした人たちが、あの世の世界に還って、つまり、霊の世界に還ってはじめて、
自分の心の中をすべて見られてしまって、そして、思った通りのすがたになると知って愕然とするのです。

地上に生きていた時に、人に対する妬みや恨み、そうしたものをもって生きていると、
体がヘビのように変わったとするならば、人はその間違いに気付くでしょう。

しかし、生前はそうしたことがなく、この世の法則の中で生きているために、それを知らないでいるのです。

こうした真実の世界の姿を知ったならば、人間は地上にいたときに、
いったいどのように生きなければいけないか、よくわかるはずなのです。

永遠の生命などなく、この世かぎりで、有限の人生だと思っているからこそ、やりたい放題の事をし、
人を傷つけ、人を蹴落としてでも偉くなろうとしているのです。

ところが、そうした結果が、地獄の中で、永遠の生命どころか永遠の苦しみの中でのたうちまわるという事を知れば、
どれだけ割が合わないかということがわかるはずなのです。

しかし、生きていた時にささやかな善意の中に生きていたということが、あの世での至福の生活、
これ以上ない素晴らしい生活へと展開していくならば、
「なぜ地上にいたときにもっといいことをしてこなかったか」と誰もがそう思うはずなのです。

この世で良い事をしたら、あの世で十個いい事をしたぐらいの価値があるのです。

なぜなら、この世とは非常に難しい世界であり、魂は盲目、目かくしの、手探りの状態で修行をしているのですから、
目かくしの、手探りの状態で天国的なる生活を展開した人はあの世での五倍、十倍の値打ちがあるのです。

この世でのわずか数十年の間、天国的生活を送った人は、あの世では、その十倍になって帰ってくるのです。

この世はまた、そうした価値ある世界でもあるのです。
こうした真実の世界観をよくよく理解して、日々勇気を持って生きていってほしいと思います。



category: 永遠の法

tb: 0   cm: 0

太陽の法  

太陽の法

魂の進化

私たちはなぜ転生輪廻する必要があるのでしょう、永遠の生命を持ち、心清まってあの世に還れば、
その美しい心のままで、永遠に霊としての生命をまっとうしてゆけば良いという考えもあるでしょう。

しかし、そうではないのです、私たちは自らの魂を進化発展させるため、この世に生まれてくるのです。

霊として生活していた天上界、それはお互いの心がガラス張りであり、
日々会う人々は、愛と調和に満たされた、すばらしい人々ばかりであり、
そうした中で少しでも神理に目覚めようと修行にはげんでいたのです。

しかし、肉体を持って、この世に生まれてくるという事は、
天上界で自由自在に生きていた霊にとっては、ひとつの試練であり、
自らの霊的なる覚醒が、はたして本物かどうかが、徹底的に試される場なのです。

霊的に自由自在の時に、神仏の力を信ずる事は容易です。

しかし、この物質世界のルールの中で生活して、一体どれだけ実在の世界のルールを悟れるか
神仏の力が働いている世界である事を悟れるか、それが、徹底的に試されるのであり、
その試験にパスしてはじめて、人間はもといた世界以上の高次元の天上界に帰って行けるのです。

では、進化とはいったい何なのでしょう、どのような方向に魂を進化させてゆけば良いのでしょう。

それは、私たちの魂を創られ、この世界を創られた、神の心を知る中で見えてくるのではないでしょうか。

ではいったい、神の心とはいかなるものでしょう、神の御心とは何辺にあるのでしょう。

神は私たちに、すべてを与えてくださいました、水も、空気も、太陽の光も、私たちの永遠の生命までも、
いっさいがっさいを、すべて与えてくださいました、そして、何のみかえりも要求されず、
無所得のままに、無限の光と愛を、私たちに供給し続けておられます。

そうであるなら、私たちも、そうした存在であるべきではないでしょうか。
そうした心を持つべく、努力精進していくべきではないでしょうか。

神からの無限の愛に感謝し、その報恩として、多くの人々を愛してゆくように、
一人でも多くの人々を、幸福にしてゆけるような、そうした存在であるべく進化発展してしてゆくことが
私たちの本来の使命ではないでしょうか。



category: 太陽の法

tb: 0   cm: 0

QRコード