fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

永遠の法 -五次元の世界- 1  

永遠の法120-171


先々月では、私たちが死後、最初に訪れるであろう世界、四次元世界についてご紹介いたしました。
本日は、その一段上となる世界、五次元の世界について紹介したいと思います。
このたびも、何回かに分けてのご紹介になると思いますが、どうかよく味読いただいて
五次元世界について理解していただけたらと思います。

---------------

1善なる世界へ

第1章では、私たちがこの地上を去って肉体を脱ぎ捨てた後、霊となって最初に分け入る、
踏み入る世界の秘密について、さまざまな話をしてまいりました。

そこで、この第2章では、より一段と高い次元の話をしていきたいと思います。

現在、物理学では、私たちが住んでいる世界が、三次元、四次元、五次元、六次元、七次元、八次元、九次元、
こうした世界の多重構造のなかにあるということがわかってきております。

そして、三次元世界は、四次元の世界のなかに、四次元は五次元のなかに、五次元は六次元のなかにと、
このように玉ネギ型の世界になっており、より上の次元によって下次元が包摂されている、

すなわち、クルッと取り囲まれているといった世界観が呈示されております。
これは、あの世の世界というものを、実際に探索し、探検してみると、まさしくそのとおりであることがわかります。

ですから、四次元世界の人たちというのは、まったく別個の世界にあるわけではないのです。

すなわち、四次元世界とは、この三次元世界と共存しており、
そして三次元世界にさまざまな影響を与えているのだと言えます。

また、五次元世界は、さらに四次元世界の上にあるものだということができます。

次元が上に行くと、上の次元にいる者は、下の次元にいる者に対して影響を与えることができるわけですが、

ここでおもしろいのは、下の次元にいる者は、上の次元にいる者に対しては、
影響を与えることはできないという法則があることです。

すなわち、五次元にいる霊人たちは、四次元の霊人たちにさまざまなことを言い、
さまざまな指導をし、四次元の世界に自由に行き来できるけれども、四次元世界に往んでいる霊人は、
原則的に五次元世界へと上っていくことはできない。特別な例外を除いて、そういうことはできないと言われています。

これは、理論として考えるとなかなかわかりにくいことかもしれませんが、
現実にあの世の世界へ行けば、そのとおりになっております。

霊的な階層があるということ、あの世の世界にも段階があるということは、仏教のなかでも言われていますし、
仏教以外でも、さまざまな神秘学、神智学系統においても言われていますし、
また、古代の文書、文書のなかにも、そうしたことが語られています。

すなわち、この世とあの世という具合に、単に二分されるだけではなく、
あの世の世界にも、人びとの住んでいる世界がさまざまに分かれており、

その分かれ方は、平面的な分かれ方だけではなくて、空間的にも上下に分かれている、と。
こういうことが言われております。

スウェーデンボルグと言われる霊能者がおります。
この方は、近代のヨーロッパに生まれた霊能者でありますけれども、
あの世の世界というのを霊界探検をしました。

そのとき、上を見上げてみると、目に見えない透明の幕のようなものが天にかかっており、
さらにその上の世界があるようだ、と。このような表現をしているようであります。

まあ、現実には、こうした視覚的なものがあるわけではありませんが、
実際、段階というのがあって、さらに上の段階へと進むという感じになっています。

さて、第1章で見た四次元の世界の住人と、五次元の世界の住人とでは、一体どういうところが違うのでしょうか。
この点について話をしていきたいと思います。

四次元世界においては、霊的世界の第一歩、あるいは、一年生であって、霊と肉体、
魂と物質の関係というものについて、まだ十分にわかり得ておりません。

また、地上の生活とあの世の生活とが、かなりミックスされたような状態で生活をしております。

その四次元世界で、早い人であれば、もちろん数日や数年ということもありますが、早い人であれば、
数十年、数百年生活しているうちに魂が進化してきて、さらに上の五次元という世界に上がって来るのです。

この上の世界に上がって来るときというのは、光の天使たち、あるいは、本人の守護霊や指導霊たちに導かれて、
さらに上の世界へと上がって来るわけです。

この上の世界、すなわち、五次元世界とは、どういう世界なのか。
五次元の世界を一言で言うならば、これは善なる世界です。善なる世界としての五次元があるわけです。

すなわち、この五次元のなかには、人間性のなかの善さというもの、善悪の悪を捨てて善、つまり、善いものへと、
こういう指向をもっている人たちが集って来ているのです。

魂の方向性があるのです。善意のなかで、悪を捨て、善を選び取ってきた人たちが、この五次元世界にいるのです。

そして、この世界のなかでは、単に善だけではなくて、その善というのがどうやら、
神の期待されている人間の心らしいということがわかってきています。
こうした世界が五次元なのです。




-五次元の世界- 2

category: 五次元霊界

tb: 0   cm: 0

永遠の法 -五次元の世界- 2  

永遠の法120-171


---------------

2精神の目覚め

さて、その「善なる」というのは、単なる善悪の善ではなくて、
神の子としての性質の目覚めであるということを述べました。

そこで、これをもう少しかみ砕いて説明をしていくと、どういうことになるかと言うと、
結局、精神的なる目覚めということなわけです。

地上の生活においては、精神的なることと物質的なることというのが共存しておりました。

そして、人間は物質のなかに生きており、その日の糧を得、どうやって生活をするか、給料を稼ぎ、
また、物質の購入と使用、廃棄をするか、こうしたことを繰り返しております。

その大部分が物質中心の生活になっており、たとえば、その日の夜であるとか、土曜日、日曜日であるとか、
こういうときに精神的な喜びというのを得るのが人間として素晴らしい人なのだと言われています。

こうした精神的な喜びを感じないで、さまざまな、たとえば、快楽、ギャンブル、
こうしたものに現をぬかしている人も、もちろんおります。

しかし、たいていの人は、それだけでは魂が十分喜ばず、何らかの読書なり、また、音楽なり、
絵画なり、精神的なるものへと郷愁を感じているようです。

これが本来の世界への郷愁、ノスタルジーであるわけです。

この五次元世界は、狭義、狭い意昧での霊界と言われていますが、別名「善人界」、
あるいは、「精神界」とも言われています。つまり、精神的なものに目覚めた人たちが寄って来ているからです。

また、「霊界」とも称されるように、霊的な存在としての人間の自覚というのが、かなりはっきりと出てきているわけです。

四次元世界のことを幽界とも言いますけれども、この幽界のなかに住んでいる人でも、
まだ自分が霊だと十分自覚していない人、霊であるということかだいたいわかってきたような人と、いろいろです。

しかし、いずれにせよ、霊性の本質というのを完全につかんで、そして、自分が霊であるということ、
これを知って、霊の本質のなかに善なるものを求めようというところまでは、まだ至っていないのです。

ただ、この五次元霊界に来ると、人間の本質が霊であって、そして、何らかの善なるものを求めようとする、
そういう意気込みというのが、人びとの間に見い出されます。

ですから、ぼんやりとではあっても、神様ということに対する信仰というものを皆んなもっています。

神様、あるいは、仏様、こういう宗旨、すなわち、宗数的なバックグラウンドの違いによって、
もちろん考え方は違いますけれども、この五次元世界では、何らかの宗教心、
良き宗教心というものをもって人びとが生きているわけです。

ですから、この五次元霊界においても、人びとは地上にある職業の多くをまだもってはいるのですが、
日々において、神、あるいは、仏というものが身近に感じられる、それらのために生きている、
そういう生活をしています。

あの世の五次元霊界においても、まだ、地上的な仕事がさまざまにあるのです。
そして、現にそうした仕事をやっているのです。

たとえば、大工をしている人もいれば、また、物品を売っているような、そういう生活をしている人もいる。

まあ、これはお金がいるわけではないのですけれども、必要なものを与えるという仕事なわけです。
それ以外にも、いろんな利便を提供する、つまり、地上でいうサービス業に近いような仕事をやっている人たちもいます。

彼らは、そうした仕事が神仏に喜ばれるということに喜びを感じているということです。こういうことが言えます。




-五次元の世界- 1

-五次元の世界- 3

category: 五次元霊界

tb: 0   cm: 0

永遠の法 -五次元の世界- 3  

永遠の法120-171


---------------

3魂の喜び

四次元幽界では、まだ十分に「魂の喜び」というのを味わうことはできませんでした。

幽界の世界においては、「魂の驚き」ですね、魂であることの驚き、あるいは、
新鮮さということを人びとは体験しています。

霊であるということ、これは、いろいろと不思議な体験ができるのだなということを感じているわけです。

しかし、五次元霊界では、「魂の喜び」というのを、人びとは感じていくことができるのです。
言うならば、四次元霊界の世界では、まだ地上生活との区別が十分についていないということです。

しかし、五次元霊界に来ると、この幽界に住んでいたときにまとっていた幽体という、いわば一種の肉体ですね、
あるいは、衣服と言ってもいいかもしれない、これを脱ぎ捨てて来ておりますから、
魂は、さらに精妙になってくるわけです。

すなわち、この五次元においては、魂というのが前面に出てくるわけです。

魂とは、人間としての意識をもった霊です。それを魂と言います。
この魂が喜びということを感じ始めるわけです。

では、それは一体いかなる喜びなのでしょうか。いかなる喜びを魂は感じるのでしょうか。
魂が喜びを感じるとき、それは大きく言って、二つあります。

魂が喜びを感じる第一のときは、まず、自分が向上したと感じるときであります。
自分の向上が感じられたときに、魂は、喜びを感じる。

では、どうしたときに自分の向上というのを感じるのでしょうか。

魂が自分の向上を感じる、それは第一に、自分が善なる存在であるということを確認できたときです。
善なる存在、善き存在であることを確認できたとき、このときに向上を感じるわけです。

自分が善なる存在であるということを確認できるとは、一体いかなることでしょうか。

これはすなわち、他人の役に立っているということです。
他人の役に立っていると感じたときに、魂は、喜びを感じるわけです。

これは地上にいる人間も同じです。あなたがいてくれてよかった。あなたのおかげでこういう具合にうまくいった。
こうしたことばをもらうと、地上にいる人間でも、非常に喜びを感じます。

なぜならば、自分が他の人びとの役に立っているということを知ることによって、
自分が拡大したときの喜び、向上したときの喜びとなるからです。

自分が単に自分だけの人生を生きているのではなく、自分という存在があることによって、
他の人びとが喜んでいると感じる。

そのことが、自分が自分ひとりの人生以上の人生を生きているということになるわけです。

つまり、何倍もの生き方をしている。これが自己の拡大であり、また、向上でもあるわけです。
このように、魂が喜びを感じる第一の場合は、良きものとしての自分の確認、すなわち、他人に喜ばれるということです。

それでは、魂が喜びを感ずる第二番目のときとは、いかなるときでしょうか。

それは、新たな知識を獲得したときです。

他人が喜んだとき、他人の役に立ったということが、第一点であれば、
第二点は、新たな知識を獲得したとき、こういうことになります。

しかも、この新たな知識というのは、地上で言うようなテストのための勉強の知識ではないのです。
この新たな知識というのは、神が創られた世界についての発見です。新たな発見をしたとき、魂は、喜びを感じるのです。

魂には、さまざまな性質があり、さまざまな能力があり、さまざまな力があります。

しかし、五次元霊界の人は、まだ、魂の力のすべてについては知っていないのです。
この五次元のなかには、いわゆる食事をしているような人もまだいることはいるのです。

もちろん、食べなくても生きていけることは、彼らは十分知っているのですけれども、
食事をするということに生きがいを感じたりする人もいるし、また、食べものをつくっている人もいます。

あの世の五次元世界においては、畑作業をしている人もいるのです。野良作業をしている人がいるのです。

また、田植えをしているような人もいます。これは、生前農業をやっていた人たち、
そういう善なる人たちが来て、作物を育てるということに生きがいを感じているからです。
五次元世界では、こういう人たちが生活をしております。

しかし、彼らも、単にそうした日々の仕事をしておりながら、これはほんとうの世界
ではないんだ、ほんとうのあり方ではないんだ、と思うようになる。こうした作物をつくらなくとも、
人間は霊的な喜びを感じながら生きていけるのだということが、だんだんとわかってきます。

そして、サツマイモならサツマイモと見えしもの、それが三次元的な物質のサツマイモではなくて、
ほんとうは、彼らの心のなかにできた霊的なサツマイモであるということを知るわけです。

つまり、彼らの心が富んでいれば富んでいるほど、彼らの心が豊かであればあるほど、美しいサツマイモが採れるのです。

地上の世界では、水のやり方、肥料のやり方、化学的な方法がいろいろあるでしょうが、
あの世では、必ずしもそうではなくて、丹精を込めてつくると言いますが、
まさしく心を込めてそういうものををつくれば、目に鮮やかなサツマイモが採れるわけです。

こうした霊的世界のしくみというのを、彼らは知るのです。
思ったことが実現していく世界ということの本質を、だんだんに知っていきます。
この「知る」ということが、彼らにおける二番目の喜びとなるわけです。




-五次元の世界- 2

-五次元の世界- 4

category: 五次元霊界

tb: 0   cm: 0

永遠の法 -五次元の世界- 4  

永遠の法120-171


---------------

4 光は流れる

前節において、魂の喜びには二つあることを述べました。

第一は、他人に役立ったとき、第二は、新たな霊的知識を獲得したとき。こういうことでありました。
そこで、この霊的知識の面ついて、さらに話をしていきましょう。

四次元の幽界世界の人間は、まだ、人間の本質、霊の本質が、
神から分かれてきた光であるということを十分には知っておりません。

しかし、五次元霊界人になってくると、だんだん、光の本質というのに目覚めてきます。

彼らは、光の強度、強弱ですね、強い、弱い、というのが、次第に分かっていきます。

すなわち、蛍光灯の光や、ローソクの光とは違った、
神の光という実体あるエネルギーが流れているということに気がついてくるのです。

これは、何とも不思議な感覚です。
そして、やがて、五次元霊界にいる人たちは、その光の根源が何処にあるのかということを知ります。

天空にはひとつの大きな太陽が昇っています。これは三次元にある太陽とは違った太陽です。
霊太陽と言われているものです。こうした太陽があります。

そして、この霊太陽の本質というのは、私たちが三次元の地上に往んでいるときに、
地球を照らしている太陽がありますが、実は、この太陽の霊的生命体なのです。

霊的太陽が、あの世の世界を照らしているわけです。

私たち人間の肉体のなかに魂が宿っているように、
私たちの地球という大きな球体のなかに地球意識という偉大な魂が宿っているように、
大陽のなかにも、そのなかに、偉大な魂が宿っているのです。

偉大な霊体が宿っているのです。これを、霊太陽と言います。

すなわち、物質的に光を放っている太陽の奥に、霊的に光を放っている霊太陽があるのです。
実は、あの世の世界における霊太陽も、地上にさんさんと光を降り注いでいるあの太陽の霊体でしかすぎないのです。

太陽は、地上に熱やエネルギーを与えておりますけれども、地上だけではなく、
あの世の世界においても、ほんとうの意昧での霊的なエネルギーの供給をしているのです。

それはすなわち、この地球もまた、太陽系団の一員であり、
太陽系という大きな意識からエネルギーを得て、その存在が許されているからなのです。

太陽に宿っているエネルギー体、それが、この私たちが住む太陽系のなかでの巨大な神霊なわけです。

巨大神霊としての太陽神霊があるのです。この十一次元にある太陽神霊というのが、
地球にある三体の地球神霊、すなわち、地球意識、月意識、大日意識という三体の意識を通して、
七色の光を地上に降り注がしているわけです。

地上及び、あの世のすべての世界へ、この十次元の三体から九次元の十体の霊を通して、
さまざまな光というのが分光されていって、流れが分かれているのですが、
そうしたことについてまでは、五次元霊界人たちは、まだ十分には知りません。

しかし、この霊界の太陽というのが、地上の太陽と同じく、彼らに熱やエネルギーを与えて、
彼らに力を与えているものだということは知ります。

そして、こうした光を受けて、つまり、霊太陽の霊界の太陽の光子エネルギーを受けて、
彼らが生命を保っているということを知ります。

また、このエネルギーによって、彼らが生きているということを、生かされているということを知ります。

ですから、彼らは、神に対する、あるいは、仏に対する素朴な信仰という以前に、
霊太陽に対する感謝ということを忘れてはいません。

霊太陽に対して、非常に感謝をしているわけです。

朝に晩に、太陽に手を合わせて拝むような姿というものを、五次元の人たちは、よくしているわけですね。
このように光が流れていく姿、これを感じられるのが、この五次元世界であります。




-五次元の世界- 3

-五次元の世界- 5

category: 五次元霊界

tb: 0   cm: 0

永遠の法 -五次元の世界- 5  

永遠の法120-171


---------------

5 愛の感情

五次元世界でもうひとつ特徴的なものは、「愛」についての芽生えです。

地上においても、男女の愛とか、親子の愛とか、あるいは、友人の愛とか、子弟の愛とか、
そういう感情がありますけれども、五次元霊界になってくると、この愛というのが非常に純化してきます。

地上では、愛というものは、なかなか表現しにくいものですが、この世界においては
愛というのは非常に実体のあるものであって、ある人が別の人を愛すると、
その愛の波動というのが、直接に相手に伝わってきます。

ですから、相手は、自分は愛されているのだということを、非常に強く感じるわけです。
そして、愛されているという気持ちが魂の喜びになっていきます。

しかし、地上においては、この愛の感情というのは、それほど明確なものではありません。

相手に愛されているのか愛されていないのか、それがわからなくて、恋の悩みというのがあります。
異性の問題です。異性の問題は、たいていそういう綱渡りの感情があります。

愛されているのかいないのか、それがわからない。だから、相手が愛をくれているのにもかかわらず、
いや、これは誰に対しても同じ八方美人の愛ではないかと思ってみたりする。
あるいは、愛されていないとひがんでみたりする。

けれども、五次元霊界に来ると、自分が愛されているのかいないのか、
この愛の感情については、はっきりと分かるわけです。

そうした指標があるのです。バロメーターがあるのです。
ですから、それがダイレクトに伝わってきます。

たとえば、六畳一間に蛍光灯をつけたのと、電灯をつけたのとの違い、あるいは、
電灯でも六十ワット、百ワット、二百ワットとありますけれども、
こういうワット数の違う電灯を使っているのと同じだと言えます。

つまり、愛の多さ、少なさ、相手の感情というのが、間違いなく伝わってくるのです。

したがって、こうした以心伝心の世界、思ったことがすぐ伝わる世界でありますから、
地獄霊がこうした五次元霊界におれない理由は、まさしくここにあるわけですね。

地獄霊たちというのは、憎しみや、あるいは、妬み、嫉妬、愚痴、怒り、足ることを知らない欲望、
こうしたものでいっぱいですけれども、もしこういうのを相手がもっていれば、
憎しみの感情がどんどんどんどん伝わってくるわけです。

そうすると、それは天国ではあり得ないわけです。

この五次元霊界にいる人たちというのは、愛の感情、この多さ、少なさ、高さ、低さは、
もちろんありますが、愛の感情というものを皆んなもっているわけです。

つまり愛の電流のようなものを各自放射しているひとつの電源みたいなものなのです。

そして、愛というものを実感としてつかむとどのようなものか、そういうことについて、
彼らはまた、さらに上位の六次元にいる人たちから、ときどき指導されています。

すなわち、「あなたが他人に愛されたときに、他人の愛というのが電流のように胸に伝わってくるだろう。
しかも、あなたの胸が暖かくなってくるであろう。あったかくなって、嬉しくなるであろう。
その愛というのが、実は神の心なんだよ」
ということを教えられるわけです。

この五次元においても、まだ、神とは何かということを明確には説くことができませんが
神とは何かということについて感じ取ることは可能です、そこで、上位の光の天使たちが、
五次元の人に神とは何かを教えるときに、この愛という話をよくするわけです。

「あなた方も愛というのを感じるであろう。その愛というのが、愛の最たるものが、
あの天空に浮かんでいる霊界の太陽なのだ。

無所得のままに熱やエネルギーを与えて、人びとに、生命のエネルギーを供給しながら、一円も要求されない。
そういう無所得の愛、慈悲の存在、これが神の姿なんだ。

そして、あなた方が神の子である理由は、愛し合ったときに、その愛の波動が胸に満ちてきて、とても嬉しいであろう、
それが、あなた方が神の子であり、本質において神の生命体の一部であるということの証明なんだよ」

こういうことを、光の天使たちが諄諄と教えていくわけです。

これは、愛の初歩の教育です。菩薩界にあるような、他人に愛を与えるというところまではまだいっておりませんが、
それでも、愛とは何かということを教えてくれているわけです。愛とは何か。愛されるとは何か。

愛を与えるとは何か。こういう基本的な感情について、教えているのです。

そして、愛されないよりは愛されたぱほうがいいし、
愛するということも素晴らしいことなのだということを学んでいきます。

やがて、愛というのは、どうやら自己保存欲、自分だけよければいいんだというような感情でもっては
成り立たないのだということを、彼らは知っていきます。




-五次元の世界- 4

-五次元の世界- 6

category: 五次元霊界

tb: 0   cm: 0

QRコード