fc2ブログ

神理の発見

私たちが生きていく上で一番大切なもの、そして真の幸福へと導いてくれるもの
もしそうしたものがあるならば、それは本当の意味での宝かもしれません。
それが誰によって書かれていたとしても、たとえわずかな期間に書かれたものであったとしても
その中に神理の光が宿っており、真に人々を幸福に導く法であるならば
それを後世に残していくことが使命であると思いこのブログを立ち上げてみました。
これからすばらしい神理が発見できれば、ここにて紹介してゆこうと思っております。

高橋信次の心の革命 -反省しかないのだ-  

高橋信次の光の革命128-187


反省しかないのだ、本書の中で高橋信次という方が言っておられる言葉です。

人間が本当の意味で、本来の姿となって、本当に幸福に生きてゆくには、反省しかないのだ、
そういう意味なのです。

みなさんは日々、反省をしながら生きておられるでしょうか。
反省ということをどのようにとらえておられるでしょうか。
それを少し考えてみたいと思います。

みなさんは、日々生活していくうえで、朝起きて夜になり、寝るまでの間にさまざまな事を思うでしょう。

みなさんの心の中には、さまざまな思いが、わき上がってくると思います。
一日のうちで、なにも思わないという人は存在しないと思います。

みなさんは、その心の中の思いというものを、よくよく見つめてみてほしいのです。
よくよく点検してみてほしいのです。

みなさんは、どのような思いを描いて生きておられるでしょうか。

一日の生活のうえで、さまざまな事があるでしょう。
いやな人にも会うかもしれません、意にそわない人から心ない言葉をかけられるかもしれません。
悪意に満ちた言葉をあびせられ、傷ついてしまうこともあるでしょう。

そうした時、どのような思いを心に描いているでしょうか。
その人に、仕返しをしてやろう、という思いでしょうか、その人を困らせてやろうという思いでしょうか。

もし、そのような否定的な思いが出てきたら、即座にそういう思いを止めることです。
サラサラと受け流していくことです。
そして、その人に対しても幸せを願ってあげることです。

その人が、そのような悪意ある人間ではなく、すばらしい人間として生きてゆけるよう、祈ってあげることです。
そして、自分に対しては、よくよく振り返ってみることです。

そのような厳しい言葉をあびせられるのは、もしかしたら、自分に原因があるのではないか、
過去、その人を苦しめていたがゆえに、そうした言葉が返ってきたのかもしれない。
そうしたことを、振り返ってみることです。

もし今、心の窓が開いて、あなたの心の中を、その思いを、今どのような事を思っているかを、
外から、まわりの人から見られる状況になったら、いったいどうなるでしょうか。

もし、恥ずかしいと思うならば、それは間違った思いであるのです、修正してゆくべき思いであるのです。
なぜなら、肉体を去ったあの世、実在の世界は、心の世界であるからです、思いの世界であるからです。

心の中で思ったことは、霊的世界においては、実現した事と同じなのです。
よって、日々、心の中を見られてしまっても恥ずかしくないような、すばらしい思いでもって生きてゆくことです。

では、恥ずかしい思いとはなんでしょう。
それは、人を害する思いです、人を傷つけようとする思い、人をおとしめてやろうという思い、
愚痴、不平不満の心、怒る心、足ることを知らない心

こうした思いが起こってきたら、即座にそれを修正し、正しい思い、すばらしい思いに切り替えてゆくことです。

では、すばらしい思いとは、いったいどのような思いでしょう。

それは、人を幸せにしてゆこうという思い、人に親切にしようという思い
人を愛する心、人を生かす心、人を許す心、感謝する心、
こうした思いで、心を満たしてゆくことです、

イエス・キリストは言いました、「汝ら悔い改めよ、神の国は近づけり」と。

自らの心を悔い改め、悪しき思いを取り去り、愛に満ちた思いで心を満たすこと。
人を愛し、人を生かし、人を許す思いで、生きる人々がこの世界に満ちれば、
そこは、まさしく神の国、天国となるでしょう。

どうかみなさまも、そうしたすばらしい思いでもって、日々生きていってほしいと思います。
そうしたならば、みなさまは、現世においても、来世においても、必ずや、
神の国、天国にて生きてゆくことができると思います。



category: 高橋信次の心の革命

tb: 0   cm: 0

高橋信次の心の革命 -悪霊となるな- 1  

高橋信次の光の革命128-187



前回では、反省とは何かについてお話させていただきました。

今回は、反省をすることなくこの世を去った場合、いったいどのようなことになるのか、
そのことについて、紹介させていただこうと思います。

今回も、高橋信次という方の霊示を紹介させていただきます。
前回同様に、非常にわかりやすく親しみを込めてユーモアをまじえた話になっているはずです。

反省することなく人生を終えてしまったら、死後いったいどのようなことになるのか、
それは、今回の副題に表されていると思います。

この章をよんでいただけたら、反省ということが、いかに大切なことであるのか、
よくご理解していただけると思います。

では、以下にその本文を紹介させていただきます。


----------


悪霊とはなにか

高橋信次です。きょうは連続でやっています。
みなさん、わたしの好きなところになってきました。
また、悪霊の話になりました。

「また悪霊か、高橋さん、もういい加減にしてくれよう」なんて言う人もいらっしやるでしょうが、
どうしてもくり返して言う必要があるのです。

なぜならば、そう言っているあなた自身が、悪霊となる可能性がひじょうに強いからなのです。

何度も何度もくり返して言っとかないと、人間というのは、「自分だけはまったく別だ」と思っている人が多いのです。
人はともかく「オレだけはそんなことはねえや」と思っているんですね。

まあ、大学受験の時でもあったでしょう。「人は落ちることがあっても、オレは落ちるわけはない」

卒業の時もあったでしょう。「人は留年することはあっても、オレがするはずはない」

入社試験もありましたね。「人が落ちることはあっても、オレが不合格になることはない」
ねえ、その結果すべて落ちてきましたねえ、そうじゃないですか、みなさん。ご経験あるでしょう。

ねえ、結婚のときもそうでしょう。「オレが断られるはずはない」って思ってたら断られた。

ねえ。ですから、あの世も、「オレが地獄へ行くことだけは絶対ない」と思ったら、それが行くんですねえ。
こわいですが、そういうことがあるんですよ。

そこでねえ、まあ僕もいっばい本出しているけど、基本的にねえ、
まあこういうふうに考えていただいていいと思うんですよ。

高橋信次のこの霊示集ですか、これさえ読んでおれば、かならず天国へ行けるんです。
これは保証します。安いです。一冊千円です。天国行けるんです。

そして、この千円を惜しんだ人はどうなるかっていうと、地獄に何百年もいるんです。

みなさん、この違いは大きいと思いませんか。どうでしょうか。私は保証できるんです。

この『高橋信次の心の革命』、この一冊を、もしあなたが何度も読み、真読し、理解しえたならば、
あなたは絶対に地獄へは行かないんです。

行くということは何冊読んだっていっしょです。ダメなんですね。
だから、この一冊、ほんとうに私が言いたいこと、言っていることを学んでほしいんです。

これがねえ、あなたが悪霊にならないための方法なんです。地獄で苦しまないための方法なんです。

地獄なんていうのは、あなたはウソだと思っているでしょう。それがどっこいあるんです。




category: 悪霊となるな

tb: 0   cm: 0

高橋信次の心の革命 -悪霊となるな- 2  

高橋信次の光の革命128-187



----------



それはねえ、「本来地獄なし」って言ってるところもあるけど、でも、本来はなくとも現実にはあるんです。

「本来地獄なし、現実地獄あり」なんですね。これはしようがないんです。あるんですから。
あるものはあるんですから、しようがないでしょう。

そらあねえ、たとえば本来刑務所なしですよ、本来ね。本来そんなものは必要ない。

人間は神の子だからいらないけど、現実にはあるわねえ。だから、罪を犯したらブチこまれちゃいますね、
こういうことはあります。

まあ、刑務所とは言わないけれども、それはねえ、ゴルフだってそうですよ。
ゴルフやっていてねえ、たとえばウッドで打って、パシューンとファーストショットを打って、OBするね。

山の向こうに飛んじゃった。谷のなか落ちこんじゃったってね。本来OBなし。そのとおりです。
だけど実際は球がなくなっちゃうことがあるわけですね。

こういうふうに、もともとはそうなるはずではないんだけども、ちょうどゴルフのコースのようなもんでね、
人生、山あり谷ありなんですよ。あるいは、なかには川が流れていたりね、池があったり、バンカーがあったり、
いろんな障害物が人生あるんですよ。

だから、本来はボンボンボンとショット打ってね、もうワンオン、ツーオンでグリーンにあげて、
そしてパターでパンと入れてね、ホールインしたいんだけど、なかなかそうはいかないのですよ。
池ポチャとかねえ、山越えねえ、それからバンカー、OBね、こんなのいっぱいあるんですよ。

だから、悪霊とはなにかと言っても、あなたがたは 「悪霊なんてあるもんか。オレがなるはずない」と言っているけど、
ゴルフしてOBがないと思いますか。「本来OBなし」か、ありか、これ答えてくれ。
プロのゴルファーでもやっぱりやることはあるわね。

プロになるとやっぱりそういうOBとか、山越え、谷のなか打ちこんだり、球なくしたりすることは、それは少ないでしょう。
少ないと思います。でも、あるね。

これは結局、たとえば、光の天使と言われるような方であっても、地上に出てたまには失敗していることもある、
これといっしょだね。まあ、こういうことです。

したがって、こういうことなんだよ。本来の基本どおりにやっておればそういうことはないけども、
実地訓練、実戦にはいったら、やっぱり失敗はあります。

失敗したときにどうフォローするかがだいじなんですね。だから、バンカーショットの練習がいるんじゃないですか。
だからねえ、あの木の枝の下で球打って、木に球ぶつけないようにする必要があるんじゃないでしょうか。

そういうことなんですよ。だから、あなたも他人事だと思わないで、
自分の心が軌道をはずれたときに、あなたも悪霊になる可能性があるということを私は言っているんです。



category: 悪霊となるな

tb: 0   cm: 0

高橋信次の心の革命 -悪霊となるな- 3  

高橋信次の光の革命128-187



----------



あなたの心も狙われている

さて、恐ろしい標題をつけてみました。あなたの心も狙われている、なにに狙われているのか。
もちろん、美女に狙われたりしているわけではありません。

なにに狙われているかっていうと、悪霊に狙われていると言っているんですね。これはまことに不思議な現象です。
                                  
みなさんは、よく地獄霊が出てきてとりつくとか、祟るとか言って、まさかという気がしますねえ。

「この文明の世の中に、こんなにネオンがキラキラと輝いている、こんな世の中に悪霊が出てきてとりつくなんて、
そんな馬鹿なことがあるもんか。ウソもいいかげんにしろ。こんなインチキな本だしやがって。
著者はペテン師だろう。だれだ、著者出せ。インチキだ。オレがぶん殴ってやる」

なあんて思う人もいるかもしれませんね。そういう人は完全に狙われていますよ。まちがいなく狙われています。
「高橋信次なんて、そんなの迷って出ているにちがいない」なあんて言う人も危ないかもしれませんが、

結局こういうことなんですよ。
あなた方は、教わったことがないから無理もないところもあると思うんですよ。だれも教えてくれないからね、
ほんとのことをね。

でも、私はあなたに言う。百パーセント保証する。絶対にあの世はあるんです。

もう百二十パーセント、百五十パーセント、二百パーセント保証する。あるんです。
あるからあると言っているんです。

私は霊です。霊だから霊だと言っているんです。霊に対して礼儀を尽くしなさい。
まあそういうことを言いたいわけです。ほんとにあるんですよ。

そして天国も地獄もほんとうにあるんです。

また、天国の霊って言うのは、こちらの世界でまあそれぞれの生活をもって、いちおう楽しく暮らしています。
それゆえに地上への執着は少ないんです。

だから、迷い出て、地上に行ってなにかをするっていうことはほとんどありません。

ところが、あなたの懐かしいこの悪霊というものはどうかというと、こういう人は、
生前あなたと同じく「霊なんかあるものか。あの世なんかあるものか」って言ってた人ばっかりです。

こういう人が死んだらどうなりますか。
あなたも「あの世なんかない。霊なんかない。地獄なんかない」って言ってるけど、

そのあなたがもし死んだとして、きれいに灰と二酸化炭素になると思ってたところが、
死んでも、目があり、鼻があり、口があり、頭があって、手足があったら、もちろん足が地についてないこともありますよ、

そういうことはありますが、手足もあったとしたらあなたはどうしますか。
いったいどうされます。



category: 悪霊となるな

tb: 0   cm: 0

高橋信次の心の革命 -悪霊となるな- 4  

高橋信次の光の革命128-187



----------



絶対に死んだら終わりだと思っていた、しかし見てみたらさあ自分がいるんです。

そのときあなたはどう考えますか。

さて、どう考える。たいてい死ぬときは病院かなんかにいました。たいていの霊がそうです。

自分は、奇跡的に生き返ったと思っているんです。

そして、どうやら病院の特別室かなんかに入れられたにちがいないと、このように思うんですね。

そして、家族が嘆き悲しんでいたりすると、
「おいっ、オレだ、オレだ。どうしたんだ。オレがわからないのか」と一生懸命言っているんですね。
わからないんです。

それで、家族たちは頭がおかしくなったんじゃないかと思うんですね。
そして、自分の葬式なんかやり始めたら、みんな少し気が狂ったんじゃないかと思うんですね。

「おい、オレだよ、オレだよ、帰ってきたんだよ。帰ってきたんだよ。春雄だよ、春雄、春雄がわからんか。
六月二十五日が命日だよ。この前、命日過ぎたとこじゃねえか。オレだよ」って言ってるんだけど、
わかんない。わからないのですね。

そうすると、みんなどうしますか。
どうする。なにかやっぱりあなたがいるということを教えたくなりませんか。

ところが地上の人間はあなたの姿は見えないのです。

見えないとどうしますか。そうしたときにねえ、霊ができることというのは、
たとえば、生きている人間に虫の知らせみたいなもので、もちろん教えることもあります。

あとは夢枕に立つっていうのありますねえ。幽霊で出てきて、これは生々しいですね、
出てきて、ゾッとするようなことやってみるということはある。

ま、それ以外でありうることはなにかって言うとね、やっぱり家族のなかに病気を起こしてみたり、
あるいは事故を起こしてみたりすることがあるんですね。

なんでそういうことをするかって言うと、別に子孫が憎いわけではありません。
そうではないんだけど、そうした病気や病人が出たり、事故が出たりすることによって、
これはなにかあるなと思いますね。

人間は幸福には敏感ではありませんが、不幸にものすごく敏感です。

だから病気や事故が続くと、これはなにかあると思う。そしたら、自分は信じてないけど、
「もしかしたら先代が祟っているんじゃないか。もしかしたらウチの兄さんじゃねえか。
あの死に方がよくなかったんじゃねえか」ねえ、四十八歳と何か月で死んで、四十九になる前に死んじゃった。

「やっぱりあの死に方がまずかったんじゃねえか」まあ、こういうことをいろいろ考えますねえ。

そして、「こらたいへんだ。命日には、みんな集まって供養しなきやいかん」とこうなりますね。

すなわち、どうにかしてほしいんですね。とにかく自分が辛くてしょうがない。
悲しくてしょうがない。どうにかして生きている人に気づいてほしい。

とりあえずまあそこまでくるんですね。

それで、「なんとかちゃん、成仏してください」なんて知りあいの人たちは思うこともあります。

それで、死んだ人のほうは自分の願いはわかってもらえないけど、向こうになんとか気づかすところまではいくんですね。
こういうことがあるということです。

したがって、かならずしも完全に悪意とはいえませんが、彼らにとっての、知りあいは、
地上に生きてたときの知人しかいないんですね。

家族とか身内、そうしたところにやっぱり障りというものを起こすようになってくるんですね。
したがって、あなたの心も狙われているというのは、そのことを言っているわけです。



category: 悪霊となるな

tb: 0   cm: 0

QRコード